小牧市の不動産なら|有限会社リアルプランナー > 有限会社リアルプランナーのスタッフブログ記事一覧 > 土地購入における手付金の意味や相場を解説

土地購入における手付金の意味や相場を解説

≪ 前へ|家の購入時の住所変更はいつするの?住宅ローンの申込みや登記の際の注意点も!   記事一覧   土地購入時における挨拶のタイミングと範囲とは|次へ ≫

土地購入における手付金の意味や相場を解説

カテゴリ:コンサルティング

土地購入における手付金の意味や相場を解説

土地を購入する際には、手付金を支払うケースがほとんどです。
ただ、これがいったいどのような性質のお金なのか、よく理解できていない方も多いのではないでしょうか。
今後、不動産を入手する予定があるのなら、きちんと知識を身につけておく必要があります。
本記事では、土地購入における手付金とは何なのか、相場も併せて解説します。

弊社へのお問い合わせはこちら

土地購入における手付金とは

土地購入における手付金とは、取引が成立したことを証明するために支払うお金です。
対象となる物件に「手を付けている」といった意味で、このような名称となっています。
実際の不動産取引においては、手付にいくつかの種類があるため、覚えておきましょう。
手付には、解約手付と証約手付、違約手付などがあります。
解約手付は、事前に払ったお金を放棄することで、契約を破棄できる性質です。
売主側から解約するときは、倍額を買主に支払います。
証約手付は、お互いの意思表明となる性質のお金です。
一般的な手付のイメージは、これではないでしょうか。
間違いなく取引しますよ。と約束する意味でお金を支払います。
違約手付は、何らかの契約違反があったときに、手付として支払ったお金が違約金へと変化するのが特徴です。
買主に違反があったときは、違約金として売主に渡されるのです。

土地購入における手付金の相場は?

土地購入における手付金の相場は、代金の5~10%程度です。
宅建業法では、上限が20%までと決められています。
実際には、売主と交渉して金額を決めるケースも少なくありません。
手付の額が高すぎて支払えない場合には、売主に相談してみるとよいでしょう。
また、手付を自己資金でまかなえないのなら、住宅ローンのつなぎ融資を利用する手もあります。
ただ、入手した物件に家を建てる予定がなければ、住宅ローンを組むことはできません。
そのため、土地だけを入手する際には、この手法は使えないため注意が必要です。
現実的なのは、売主との交渉です。
置かれている状況などをきちんと説明し、理解を得られたのなら、手付をなしにしてもらえる可能性もあります。
手付ゼロとはいかずとも、相場よりも低くしてもらえる可能性はあるでしょう。
諦めずに、一度交渉してみることをおすすめします。

まとめ

土地購入における手付金とは何か、種類や相場、支払えないときの対処について解説しましたが、いかがでしたか。
基本的に、不動産取引において手付を払うのはほぼ常識となっています。
そのため、入手を検討しているのなら、契約時に手付を支払う必要があることは理解しておきましょう。
支払えないときは、諦めずに売主と交渉するのがベストです。
私たちリアルプランナーは、ファミリー向けの物件を多数取り扱っております。
小牧市周辺の物件をお探しの際は、ぜひコンシェルジュにご相談ください。
弊社へのお問い合わせはこちらをクリック↓

弊社へのお問い合わせはこちら

≪ 前へ|家の購入時の住所変更はいつするの?住宅ローンの申込みや登記の際の注意点も!   記事一覧   土地購入時における挨拶のタイミングと範囲とは|次へ ≫

最新記事

おすすめ記事

カテゴリ

>>全ての記事を見る

XMLRSS2.0

  • お客様の声
  • スタッフ紹介
  • 内部ブログ
  • 周辺施設検索
  • お問い合わせ
  • アクセスマップ
  • 会社概要

    会社概要
    有限会社リアルプランナー
    • 〒485-0021
    • 愛知県小牧市大字二重堀993-11
    • 0120-411-505
    • TEL/0568-41-4555
    • FAX/0568-41-4556
    • 愛知県知事 (5) 第18182号
      建設業許可(般ー29)第55147号
  • QRコード
  • 更新物件情報

  • 不動産総合ポータルサイトいえらぶ参加中

トップへ戻る