小牧市の不動産なら|有限会社リアルプランナー > 有限会社リアルプランナーのスタッフブログ記事一覧 > マイホームペアローンとは?メリットとデメリットをご紹介

マイホームペアローンとは?メリットとデメリットをご紹介

≪ 前へ|住宅ローン頭金を援助してもらう方法と利用する際の注意点   記事一覧   マイホーム購入では長期優良住宅認定制度を利用するべき?知っておきたい制度の概要とは|次へ ≫

マイホームペアローンとは?メリットとデメリットをご紹介

カテゴリ:コンサルティング

マイホームペアローンとは?メリットとデメリットをご紹介

1人の年収で希望額の融資が受けられないなら、マイホームペアローンがおすすめです。
ただし、メリットとデメリットがあるため事前に確認しておきましょう。
どのような家庭に向いているのか、どんなデメリットがあるかご紹介します。

弊社へのお問い合わせはこちら

マイホームペアローンのメリットとデメリットとは?

マイホームペアローンとは、夫婦や親など親族と一緒にローンを組む方法のことです。
一緒に利用できるのは原則同居している親族です。
それぞれが債務者となり、持分に対するローンの支払いをします。
マイホーム購入の際にペアローンを利用する場合は、メリットとデメリットを確認するようにしましょう。
メリットは、1人では審査に通らない場合でも、2人の年収を合わせれば借入可能な場合がある点です。
夫婦共働きであれば、マイホーム購入の道が広がりやすいでしょう。
また、団体信用生命保険がそれぞれかけられることや、住宅ローン控除もそれぞれ使えるメリットがあります。
ただし、メリットとデメリットが存在しているため注意してください。
デメリットはローンが2本となり、それぞれの審査と連帯保証人が必要なことです。
通常は、お互いが相手の連帯保証人となることが多いでしょう。
この場合では、一方の支払い能力がなくなると、一方が支払わなければなりません。
また、契約のための印紙や事務手数料が2倍になるのもデメリットです。
問題となりやすいのは、夫婦で契約する場合で、離婚したケースでしょう。
離婚後も支払いは残りますが、物件を2つに分けることは難しくなります。

マイホームペアローンの注意点とは?

ペアローンの注意点としては、婚約者との利用では入籍が必要な点です。
融資申込前までに、入籍を済ませておきましょう。
また、どちらかが収入減少するリスクも考慮しておくようにしてください。
たとえば、片方が仕事を辞めた、入院したケースです。
どちらかが収入減少になれば、もう片方がローンの支払いを負担しなければなりません。
ペアローンでは1人で申し込む場合と比べて、2倍の金額のローン申し込みができます。
すると借入金額も高額になりやすいため、長期的に支払いができるかが注意点です。
支払いが滞ると、最悪の場合は競売にかけられる恐れがあるでしょう。
場合によっては自己破産しなければならないこともあります。
また、夫婦が離婚した場合に、家をどうするか決まらず、離婚が長引く恐れがあるでしょう。
片方が住むのは不公平感があり、かといって売却してもローンが完済できるとは限りません。

まとめ

マイホーム購入でペアローンを利用すると、借入金額が高くなりやすく、節税効果が高くなるでしょう。
しかし、メリットとデメリットの両方があるため注意が必要です。
ローンが2本となり、片方の死別でももう片方にローンが残るため注意してください。
私たちリアルプランナーは、ファミリー向けの物件を多数取り扱っております。
小牧市周辺の物件をお探しの際は、ぜひコンシェルジュにご相談ください。
弊社へのお問い合わせはこちらをクリック↓

弊社へのお問い合わせはこちら

≪ 前へ|住宅ローン頭金を援助してもらう方法と利用する際の注意点   記事一覧   マイホーム購入では長期優良住宅認定制度を利用するべき?知っておきたい制度の概要とは|次へ ≫

最新記事

おすすめ記事

カテゴリ

>>全ての記事を見る

XMLRSS2.0

  • お客様の声
  • スタッフ紹介
  • 内部ブログ
  • 周辺施設検索
  • お問い合わせ
  • アクセスマップ
  • 会社概要

    会社概要
    有限会社リアルプランナー
    • 〒485-0021
    • 愛知県小牧市大字二重堀993-11
    • 0120-411-505
    • TEL/0568-41-4555
    • FAX/0568-41-4556
    • 愛知県知事 (5) 第18182号
      建設業許可(般ー29)第55147号
  • QRコード
  • 更新物件情報

  • 不動産総合ポータルサイトいえらぶ参加中

トップへ戻る