小牧市の不動産なら|有限会社リアルプランナー > 有限会社リアルプランナーのスタッフブログ記事一覧 > 吹き抜け天井がある新築戸建てを購入するメリット・デメリットや注意点とは?

吹き抜け天井がある新築戸建てを購入するメリット・デメリットや注意点とは?

≪ 前へ|井戸がある土地を購入する際に知っておくべきポイントとは?   記事一覧   住宅ローン頭金を援助してもらう方法と利用する際の注意点|次へ ≫

吹き抜け天井がある新築戸建てを購入するメリット・デメリットや注意点とは?

カテゴリ:家 アイデア

吹き抜け天井がある新築戸建てを購入するメリット・デメリットと知っておくべき注意点

吹き抜け天井は、開放的でおしゃれな見た目が人気で、最近は住宅の玄関やリビングなどでもよく見かます。
「マイホームを購入するなら吹き抜け天井がほしい!」とお考えの方も多いのではないでしょうか。
そこで今回は、新築戸建ての購入を検討している方に向けて、吹き抜け天井のメリット・デメリット、購入する際の注意点をご紹介します。

弊社へのお問い合わせはこちら

吹き抜け天井がある新築戸建てを購入するメリット

吹き抜けとは、1階の天井がなく、2階の天井まで上下階がつながっている空間のことで、最近の戸建て住宅でも多く採用されています。
吹き抜け天井がある新築戸建てを購入する際は、メリット・デメリットを知ったうえで検討しましょう。
まずはメリットをいくつかご紹介していきます。

メリット


●室内が明るくなる
●開放感がある
●風通しが良い
●見た目がおしゃれ
●リビング階段と合う


高い位置に窓を設置することで、光をたくさん取り込めますし、1階部分の天井がないので、圧迫感がなく開放的な空間になります。
風通しが良いので、室内の換気もしやすいでしょう。
最近は、リビングに階段を設ける間取りが人気ですが、吹き抜け天井とリビング階段は相性が良く、見た目もおしゃれですよ。

吹き抜け天井がある新築戸建てを購入するデメリット

吹き抜け天井がある新築戸建ては、メリットばかりではなく、デメリットもあります。
いくつかお伝えしますので、納得したうえで購入しましょう。

デメリット


●2階の床面積が狭い
●掃除が大変
●音が響く
●においが広がる
●冬は寒い


高い位置に窓を設置するので、掃除が大変です。
また1階から2階まで空間がつながっているので、音やにおいが気になることも。
空間が広いことで暖房効率が悪くなり、冬は寒く感じるかもしれません。

吹き抜け天井がある新築戸建てを購入する際の注意点

最後に、知っておくべき注意点をいくつかお伝えします。
先ほどもお伝えしましたが、空間が広いことで暖房効率が悪くなると、光熱費が多くかかってしまいますので、「断熱性・気密性を意識した構造かどうか」を確認しましょう。
また、吹き抜けの部分は、本来なら部屋をつくれるスペースです。
将来の家族構成の変化を想定して、居室の数が足りているかどうかも考えたほうが良いでしょう。

まとめ

今回は、吹き抜け天井がある新築戸建てを購入するメリット・デメリットや、注意点をお伝えしました。
2階の床面積が狭いことや、掃除やメンテナンスがしにくいことなど、いくつかデメリットはありますが、明るく開放的で、おしゃれな空間で暮らせることは大きなメリットです。
今回お伝えした注意点を意識しながら、ぜひ吹き抜け天井があるすてきなマイホームを手に入れてくださいね。
私たちリアルプランナーは、ファミリー向けの物件を多数取り扱っております。
小牧市周辺の物件をお探しの際は、ぜひコンシェルジュにご相談ください。
弊社へのお問い合わせはこちらをクリック↓

弊社へのお問い合わせはこちら

≪ 前へ|井戸がある土地を購入する際に知っておくべきポイントとは?   記事一覧   住宅ローン頭金を援助してもらう方法と利用する際の注意点|次へ ≫

最新記事

おすすめ記事

カテゴリ

>>全ての記事を見る

XMLRSS2.0

  • お客様の声
  • スタッフ紹介
  • 内部ブログ
  • 周辺施設検索
  • お問い合わせ
  • アクセスマップ
  • 会社概要

    会社概要
    有限会社リアルプランナー
    • 〒485-0021
    • 愛知県小牧市大字二重堀993-11
    • 0120-411-505
    • TEL/0568-41-4555
    • FAX/0568-41-4556
    • 愛知県知事 (5) 第18182号
      建設業許可(般ー29)第55147号
  • QRコード
  • 更新物件情報

  • 不動産総合ポータルサイトいえらぶ参加中

トップへ戻る