小牧市の不動産なら|有限会社リアルプランナー > 有限会社リアルプランナーのスタッフブログ記事一覧 > 家が停電したときにやるべき 対処法とは?家の中の確認方法

家が停電したときにやるべき 対処法とは?家の中の確認方法

≪ 前へ|家の任意売却とは?メリットとデメリットや売却の流れと注意点   記事一覧   家を購入する際は地盤保証があると安心!必要性や費用について解説!|次へ ≫

家が停電したときにやるべき 対処法とは?家の中の確認方法

カテゴリ:なるほど知識

家が停電したときにやるべき 対処法とは?家の中の確認方法

もし地震や台風などで停電が発生したら、どのような対処法があるのでしょう。
突然の停電に慌てないためにも、なにをすればいいのか事前に確認しておくと安心です。
今回は、家が停電してしまったときの対処法や停電に備えた事前の対策についてご紹介します。

弊社へのお問い合わせはこちら

家が停電してしまったときの対処法は?まず確認するべきことは?

停電が発生した場合、まずは自分の家だけなのか近所の家も停電しているのか、窓から確認してみましょう。
停電が発生しているのが自分の家だけであれば、電気の使いすぎなどの可能性もあります。
台風や大雪などの災害で近隣一帯が停電していることを確認したら、まず対処法として家のブレーカーを切ります。
もし、電気が復旧したときにブレーカーが入っていると、火災が発生してしまうリスクがあるためです。
ブレーカーを下げたら、次の対処法として家電のコンセントを抜きます。
アイロンやハンドミキサーなど、急に通電すると危険な家電は、とくに注意して電源を切っておきましょう。
冷蔵庫やエアコンなどは、そのままでも大丈夫です。
また停電の間、情報を得るためにスマートフォンを見ることが多いと思いますが、停電が長期的に続くと充電切れになってしまいます。
そのためスマートフォンは省エネモードにし、使わないときは機内モードにしておきましょう。
突然の停電に備えて、小型ラジオやモバイルバッテリーなどを家に常備しておくと安心です。

住人の行動で家が停電したときの対処法と停電時の対策

家の停電は台風などの自然災害だけでなく、電気の使いすぎなどでも発生します。
契約アンペアを超えてしまうとアンペアブレーカーが切れてしまうので、まずは使用している家電を減らしましょう。
そして、アンペアブレーカーのつまみを上げれば、停電から復旧します。
それでも停電が続く場合は、漏電遮断器が切れている可能性があります。
漏電遮断器が切れている場合は、アンペアブレーカーが「入」になっていることを確認して、配線用遮断器のつまみをすべて「切」にします。
そして、漏電遮断器を「入」にして配線用遮断器をひとつずつ「入」していきます。
配線用遮断器を「入」にしていく途中で、漏電遮断器が切れたら問題のある回路がわかります。
漏電している回路は、電気工事店などに依頼して点検を依頼しましょう。
もし、電気の使いすぎで停電してしまう場合は、対策としては契約しているアンペア数を上げる方法があります。

まとめ

台風や大雪などの自然災害による停電は、長引くこともあるので、バッテリーの準備などの事前に対策が必要です。
自宅のみ停電が発生している場合は、ご紹介した対処法を試してみるのがおすすめです。
一戸建ての購入をご検討中の方は、ぜひ弊社のコンシェルジュにご相談ください。
私たちリアルプランナーは、ファミリー向けの物件を多数取り扱っております。
小牧市周辺の物件をお探しの際は、ぜひコンシェルジュにご相談ください。
弊社へのお問い合わせはこちらをクリック↓

弊社へのお問い合わせはこちら

≪ 前へ|家の任意売却とは?メリットとデメリットや売却の流れと注意点   記事一覧   家を購入する際は地盤保証があると安心!必要性や費用について解説!|次へ ≫

最新記事

おすすめ記事

カテゴリ

>>全ての記事を見る

XMLRSS2.0

  • お客様の声
  • スタッフ紹介
  • 内部ブログ
  • 周辺施設検索
  • お問い合わせ
  • アクセスマップ
  • 会社概要

    会社概要
    有限会社リアルプランナー
    • 〒485-0021
    • 愛知県小牧市大字二重堀993-11
    • 0120-411-505
    • TEL/0568-41-4555
    • FAX/0568-41-4556
    • 愛知県知事 (5) 第18182号
      建設業許可(般ー29)第55147号
  • QRコード
  • 更新物件情報

  • 不動産総合ポータルサイトいえらぶ参加中

トップへ戻る