小牧市の不動産なら|有限会社リアルプランナー > 有限会社リアルプランナーのスタッフブログ記事一覧 > 不動産売却時の荷物はどうする?現状渡しについて解説

不動産売却時の荷物はどうする?現状渡しについて解説

≪ 前へ|戸建て購入で天窓は設置したほうが良い?快適な理想の生活を手に入れよう!   記事一覧   戸建ての建売住宅は「見学」が重要!持ち物や注意点|次へ ≫

不動産売却時の荷物はどうする?現状渡しについて解説

カテゴリ:なるほど知識

不動産売却時の荷物はどうする?現状渡しについて解説

「不動産を売りたけれど、荷物や残留物をどうしよう」「現状渡しができるって聞いたことあるけれど、本当なのかな」このような疑問は多く存在します。
実は、現状渡しという売却方法は選択肢の1つとして存在しますが、基本的にはあまり利用されていません。
物件の売却を検討している人は、ぜひ知っておきましょう。

弊社へのお問い合わせはこちら

不動産売却時の荷物はどうする?処分方法

荷物の処分方法は、自己処分と業者処分の2種類に分かれます。

自己処分

名前のとおり、荷物を自分で処分する方法です。
リサイクルセンターや地域のゴミ回収ルールに従って処分しましょう。

業者処分

リサイクル業者や回収会社へ依頼する方法です。
大型家電や家具など、自己処分が難しい場合は業者処分がおすすめです。

処分時の注意

売却時は、残留物を撤去してから買主に引き渡すことがほとんどですが、指定した残留物を含めた引き渡しをおこなう場合もあるので、買主と相談しましょう。
自己処分や業者処分、一部残留物を含めた引き渡しをおこなういずれの場合でも、室内はきれいに保つことがポイントです。

不動産売却時の荷物はどうする?現状渡し

不動産売却時によく耳にする現状渡しですが、多くの場合は利用されません。
買主は不動産購入後に自分の好きな家具や家電などを揃え、マイホームとして自分の好みに合わせていきます。
その中で残留物が残っているのは喜ばれることは少なく、基本的に売買契約前に処分を依頼されるでしょう。
ただし、新しいのもや価値の高い家具や家電、特に最新給湯器やエアコンなどの残留物は歓迎されやすい傾向にあります。
自己判断で荷物を残て引き渡すことは難しいですが、売主買主双方の同意があれば荷物を残すことも可能です。
ただし、一部もしくはすべての荷物を残す場合は、売買契約書の特約などに明記しておくと安心です。

現状渡しは売れにくい

現状渡しがあまり利用されない理由は、不動産が売れにくくなるからです。
荷物が残っていることで生活感が溢れやすく、物件の内覧時などに印象が悪くなりやすい傾向にあります。
特に早期売却を目指す場合は、事前に処分しておくことをおすすめします。

まとめ

不動産売却時の荷物は、ほとんどの場合売主負担で自己処分もしくは業者処分されます。
残留物を含めたままという選択肢もありますが、)売却へ繋がりにくいなどのデメリットが多いのでおすすめはできません。
どのように売り出せばよいか不安な方は、コンシェルジュへご相談ください。
私たちリアルプランナーは、ファミリー向けの物件を多数取り扱っております。
小牧市周辺の物件をお探しの際は、ぜひコンシェルジュにご相談ください。
弊社へのお問い合わせはこちらをクリック↓

弊社へのお問い合わせはこちら

≪ 前へ|戸建て購入で天窓は設置したほうが良い?快適な理想の生活を手に入れよう!   記事一覧   戸建ての建売住宅は「見学」が重要!持ち物や注意点|次へ ≫

最新記事

おすすめ記事

カテゴリ

>>全ての記事を見る

XMLRSS2.0

  • お客様の声
  • スタッフ紹介
  • 内部ブログ
  • 周辺施設検索
  • お問い合わせ
  • アクセスマップ
  • 会社概要

    会社概要
    有限会社リアルプランナー
    • 〒485-0021
    • 愛知県小牧市大字二重堀993-11
    • 0120-411-505
    • TEL/0568-41-4555
    • FAX/0568-41-4556
    • 愛知県知事 (5) 第18182号
      建設業許可(般ー29)第55147号
  • QRコード
  • 更新物件情報

    2021-10-14
    小牧市二重堀内田2期 B棟の情報を更新しました。
    2021-10-11
    春日井市 坂下町角地の情報を更新しました。
  • 不動産総合ポータルサイトいえらぶ参加中

トップへ戻る