小牧市の不動産なら|有限会社リアルプランナー > 有限会社リアルプランナーのスタッフブログ記事一覧 > マイホームの子ども部屋はどれくらいの広さが理想的なの?

マイホームの子ども部屋はどれくらいの広さが理想的なの?

≪ 前へ|不動産購入時の住宅ローンの種類はどれにする?よりお得な金利の住宅ローンとは   記事一覧   不動産の購入には仲介手数料がかかる?目安を知って準備しておこう!|次へ ≫

マイホームの子ども部屋はどれくらいの広さが理想的なの?

カテゴリ:家 アイデア

マイホームの子ども部屋はどれくらいの広さが理想的なの?

マイホームを建てるときは、用途に応じて部屋の広さを考えるものでしょう。
まだお子さんが小さいご家庭などでは、将来のためにどれくらいの広さの部屋を作ればよいのか、悩んでしまうかもしれません。
そこで今回はマイホーム購入をご検討中の方に向けて、子ども部屋の広さについてご紹介します。

弊社へのお問い合わせはこちら

マイホームに作る子ども部屋の広さを決めるポイントとは?

子ども部屋の一般的な広さとは、どれくらいなのでしょうか。
4.5畳から8畳くらいで用意している家が多く、平均は6畳と言われています。
4.5畳だと、机とベッドを置いてピッタリな大きさでしょう。
6畳はそれにプラスして収納棚が置けるなど、スペースに少し余裕ができます。
8畳になると一人部屋としてはわりと余裕があり、兄弟で使うこともできる大きさです。
子どものためには、できるだけ広い部屋を用意してあげたいと思うかもしれません。
けれども子ども部屋を使う時期は、意外に限られているのです。
子どもが成長して独立したら空き部屋になるので、必要以上に大きくしなくてもよいでしょう。
家の広さは限られていますから、他の部屋とのバランスを考えながら決めることがポイントです。

マイホームに作る子ども部屋の広さによるメリットとデメリットとは?

子ども部屋はできるだけ広いほうがよいと考えるかもしれませんが、実は狭い部屋にもメリットはあります。
狭い部屋は空間が限られているため、置ける物も少なくなり、子どもにとって整理整頓がしやすいのです。
また、部屋にあまりこもらなくなり、リビングで家族と過ごす時間が増えるとも考えられます。
物をあまり置けないことはデメリットですが、ロフトベッドにすると、二段ベッドの下の部分を活用できます。
ベッドではなく布団にすると、たたんで収納できるので、昼間は床のスペースを広げられるでしょう。
壁紙を白っぽい色にする、大きな家具を奥に配置するなどの工夫で、部屋を広く見せることも可能です。
工夫次第で、快適な空間が作れそうですね。
一方、広い部屋は収納や空間にゆとりがあり、荷物が増えても対応しやすいでしょう。
友人が来たときに部屋で遊べることも、子どもにとってはうれしいメリットです。
ただし掃除や片付けが大変で、部屋が散らかりやすいかもしれません。
子ども部屋に何でもそろっていると、部屋からあまり出てこなくなる可能性もあるでしょう。
将来のコミュニケーションを考えると、適度な広さにしたほうがよいかもしれませんね。

まとめ

マイホームの子ども部屋は広くても狭くても、それぞれにメリットとデメリットがあります。
ですから、他の部屋とのバランスや将来についても考えて、決めることがポイントです。
私たちリアルプランナーは、ファミリー向けの物件を多数取り扱っております。
小牧市周辺の物件をお探しの際は、ぜひコンシェルジュにご相談ください。
私たちリアルプランナーは、ファミリー向けの物件を多数取り扱っております。
小牧市周辺の物件をお探しの際は、ぜひコンシェルジュにご相談下さい。
住まいをお探しの方はこちらをクリック↓

弊社へのお問い合わせはこちら

≪ 前へ|不動産購入時の住宅ローンの種類はどれにする?よりお得な金利の住宅ローンとは   記事一覧   不動産の購入には仲介手数料がかかる?目安を知って準備しておこう!|次へ ≫

最新記事

おすすめ記事

カテゴリ

>>全ての記事を見る

XMLRSS2.0

  • お客様の声
  • スタッフ紹介
  • 内部ブログ
  • 周辺施設検索
  • お問い合わせ
  • アクセスマップ
  • 会社概要

    会社概要
    有限会社リアルプランナー
    • 〒485-0021
    • 愛知県小牧市大字二重堀993-11
    • 0120-411-505
    • TEL/0568-41-4555
    • FAX/0568-41-4556
    • 愛知県知事 (5) 第18182号
      建設業許可(般ー29)第55147号
  • QRコード
  • 更新物件情報

  • 不動産総合ポータルサイトいえらぶ参加中

トップへ戻る