小牧市の不動産なら|有限会社リアルプランナー > 有限会社リアルプランナーのスタッフブログ記事一覧 > 中古住宅をフルリノベーションするメリットとは!?費用目安もご紹介!

中古住宅をフルリノベーションするメリットとは!?費用目安もご紹介!

≪ 前へ|不動産売却における必要書類とは?売却前・契約締結時・決済時それぞれで解説   記事一覧   不動産を担保にするリバースモーゲージとは?メリット・デメリットを解説!|次へ ≫

中古住宅をフルリノベーションするメリットとは!?費用目安もご紹介!

中古住宅をフルリノベーションするメリットとは!?費用目安もご紹介!

中古住宅を購入する方は、フルリノベーションの選択肢を頭に入れておくことで、購入する物件の候補を増やすことが可能になります。
なぜならフルリノベーションをおこなうことで、中古住宅でも建物の状態を自分の理想に近づけることができるからです。
そこで当記事では、中古住宅をフルリノベーションするメリット・デメリット、費用目安について解説します。

\お気軽にご相談ください!/

弊社へのお問い合わせはこちら

中古住宅のフルリノベーションとは?リフォームとの違いを解説!

中古住宅のフルリノベーションとは?リフォームとの違いを解説!

はじめに、中古住宅のフルリノベーションとはなにか解説します。
リフォームとの違いや通常のリノベーションとの違いを意識しながら、フルリノベーションについて理解を深めていきましょう。

フルリノベーションとは

中古住宅におけるフルリノベーションとは、建物を一度スケルトン(骨組み状態)に戻し、間取りの変更など大がかりな工事をおこなうことを言います。
間取りの変更だけでなく、素材の変更や断熱性能・耐震性能の強化をおこなうことも可能です。
中古住宅は新築よりも安いのが魅力ですが、間取りや設備、性能が古く住みづらさを感じる可能性があります。
これから中古住宅を購入する方は、フルリノベーションをおこなうことで中古住宅を理想のマイホームに近づけることができるでしょう。
しかし、部分的な修繕ではないため、リフォームと比べると工事期間がそれなりに必要になります。
中古住宅を購入した後すぐに引っ越しをしたい方は、フルリノベーションの工事が終わるまで引っ越しができないことを覚えておいてください。

リフォームとはどう違うの?

リノベーションと聞くと、リフォームとの違いが分からず混乱する方が多いのではないでしょうか。
実はリフォームとリノベーションでは、それぞれ定義が異なります。
リフォームの定義とは、新築の状態に近づけるよう復元することです。
つまり、建物を「修繕」する意味合いが強くなります。
対してリノベーションの定義は、新築の状態とは違う次元に「改修」することです。
マイナス状態のものをゼロの状態に戻すのがリフォームで、マイナス状態のものをプラスの状態にするのがリノベーションと覚えておきましょう。

リフォームとリノベーションの例
たとえば古くなったキッチンの設備を変更したり、古くなった壁紙の張り替えをおこなったりすることはリフォームに当てはまります。
対して、リビングとキッチンを繋げてリビングダイニングキッチンにしたり、内外装を現代的なデザインに変えたりすることはリノベーションに当てはまります。
リノベーションのほうが工事の規模が大きく、機能向上のふり幅が大きいことが分かります。

通常のリノベーションとフルリノベーションの違いとは?

先ほどもご説明したとおり、建物をスケルトン(骨組み状態)に戻すのがフルリノベーションの特徴です。
キッチンを改修する、部屋を改修する、など部分的におこなう通常のリノベーションとは異なり、建物全体をリノベーションするのがフルリノベーションとなります。
今後の手間を考えると、フルリノベーションで改修工事を一度に済ませるのはおすすめの方法です。

中古住宅をフルリノベーションするメリット・デメリットとは?

中古住宅をフルリノベーションするメリット・デメリットとは?

中古住宅をフルリノベーションすると、どのようなメリット・デメリットがあるのでしょうか。

フルリノベーションするメリット

中古住宅をフルリノベーションするメリットは下記のとおりです。

メリット①固定資産税を抑えられる
1つ目のメリットは、新築よりも固定資産税を抑えられることです。
固定資産税の税額は新築が1番高い状態で、築年数が古くなるにつれて下がっていきます。
リノベーションをしたからと言って、築年数が変更されることはありません。
そのため新築を購入してマイホームを手に入れるよりも、中古住宅を購入してフルリノベーションするほうが、長期的なランニングコストを抑えることができるのです。

メリット②条件の良い立地を求めやすい
2つ目のメリットは、新築よりも条件の良い立地を求めやすいことです。
基本的に、利便性の良い土地というのは、すでに住宅街として開拓されています。
そのため新築で土地探しをおこなおうとすると、好条件の立地は見つかりづらいでしょう。
しかし、中古住宅であれば条件の良い立地を求めやすく、土地探しの選択肢が広がります。
間取りごと変えられる自由度の高いフルリノベーションをおこなうのであれば、建物の状態はそこまで気にする必要がありません。
土地を重視して選びたい方にも、中古住宅のフルリノベーションはおすすめなのです。

フルリノベーションするデメリット

続いて、デメリットを確認していきましょう。

デメリット①工事期間が長い
工事の規模が大きいため工事期間が長く、場合によっては半年ほどかかる可能性もあります。
工事期間は仮住まいを用意するか、前の住居に住み続ける必要があるでしょう。
仮住まいを用意すると、そのぶん初期費用や家賃など別途費用が必要になるので、注意してください。

デメリット②住宅ローンが利用できない
リノベーションの費用を一括で支払えない方は、住宅ローンとは別にリフォームローンを利用する必要があります。
購入と同時に工事をおこなう場合でも、住宅ローンを適用することはできないので気を付けましょう。
リフォームローンは住宅ローンよりも金利が高い傾向にあるので、軽い気持ちで利用を開始するのはおすすめできません。
中古住宅を購入する前に、フルリノベーションにかける予算を決めて、リフォームローンを組まずに工事を進めるのが得策です。

中古住宅をフルリノベーションする費用の目安は?

中古住宅をフルリノベーションする費用の目安は?

費用面での計画をしっかり立てるために、工事にかかる費用の目安をご紹介します。

工事費用の目安

工事費用の目安は、建物の種類によって異なります。
マンションの場合は、700~1,000万円が工事費用の目安です。
一戸建ての場合は、1,000~1,500万円が工事費用の目安になります。
工事内容によって費用は変わるので、あくまで目安の金額として頭に入れておきましょう。
一般的に、耐震工事や水回りの位置の変更は大がかりな工事となり、費用がかさむケースが多いです。
もし費用を抑えたいのであれば、設備のグレードや素材をなるべく安いものにすると良いでしょう。
予算を超えないように、工事内容は慎重に決めてください。

工事内容ごとの費用目安

工事内容ごとの費用目安をご紹介するので、ぜひ参考にしてください。

間取りの撤去と設置
間取りの仕切りを撤去する場合は1か所7~23万円、間取りの仕切りを設置する場合は1か所8~35万円が費用目安です。
間取りの変更は、工事内容から外せない方が多いのではないでしょうか。
そのため間取りの変更では、予算に応じて優先順位を決めておくのがおすすめです。
「最終的に予算内に収まるようだったらこの部屋の間取りも変えよう」と考えておくことで、予算オーバーを防ぐことができます。

水回り工事
リノベーションで外せない水回りの工事費用は下記のとおりです。

●キッチン:約50~150万円
●お風呂:約50~150万円
●トイレ:約15~50万円


もし費用を抑えたいのであれば、設備の機能を妥協してグレードを下げるなど工夫をしましょう。

耐震・断熱工事
耐震工事の費用目安は約25~200万円、断熱工事の費用目安は約20~120万円です。
費用は高めですが、せっかくフルリノベーションをするのであれば改修しておきたい大切な工事の1つです。
安全な住居づくりのためにも、耐震・断熱の工事は前向きに検討してみてください。

まとめ

以上、中古住宅のフルリノベーションについて解説しました。
固定資産税を抑えられるなどメリットがある反面、工事期間が長くなるなどのデメリットもあります。
フルリノベーションをおこなう方は、予算を含めてしっかりと計画を立ててから行動を開始しましょう。

\お気軽にご相談ください!/

弊社へのお問い合わせはこちら

≪ 前へ|不動産売却における必要書類とは?売却前・契約締結時・決済時それぞれで解説   記事一覧   不動産を担保にするリバースモーゲージとは?メリット・デメリットを解説!|次へ ≫

最新記事

おすすめ記事

カテゴリ

>>全ての記事を見る

XMLRSS2.0

  • お客様の声
  • スタッフ紹介
  • 内部ブログ
  • 周辺施設検索
  • お問い合わせ
  • アクセスマップ
  • 会社概要

    会社概要
    有限会社リアルプランナー
    • 〒485-0021
    • 愛知県小牧市大字二重堀993-11
    • 0120-411-505
    • TEL/0568-41-4555
    • FAX/0568-41-4556
    • 愛知県知事 (6) 第18182号
      建設業許可(般ー4)第55147号
  • QRコード
  • 更新物件情報

    2022-07-04
    二重堀 上池 中古の情報を更新しました。
    2022-07-04
    二重堀 川向の情報を更新しました。
    2022-07-04
    春日井市 東神明町の情報を更新しました。
  • 不動産総合ポータルサイトいえらぶ参加中

トップへ戻る