小牧市の不動産なら|有限会社リアルプランナー > 有限会社リアルプランナーのスタッフブログ記事一覧 > 家の災害保険の必要性は?補償内容を詳しく解説

家の災害保険の必要性は?補償内容を詳しく解説

≪ 前へ|不動産売却をするタイミングにはライフステージの変化がひとつのきっかけ   記事一覧   築浅の一戸建てを売却したい方必見!早く・高く売るためのコツをご紹介!|次へ ≫

家の災害保険の必要性は?補償内容を詳しく解説

家の災害保険の必要性は?補償内容を詳しく解説

住まいの災害保険には火災保険と地震保険があります。
このふたつの保険は似ているようにも感じますが、対象となる保証内容が異なってきます。
さらには、火災保険は実損払いであり、地震保険は実損払いではないという違いもあります。
それではふたつの保険の性能や内容について解説いたします。

\お気軽にご相談ください!/

弊社へのお問い合わせはこちら

家の災害保険のひとつ火災保険とはなにか、補償内容をご紹介

家の災害保険のひとつ火災保険とはなにか、補償内容をご紹介

住まいの災害保険のひとつで、さまざまな損害リスクから住宅を守る保険となります。

火災保険とは

保険の対象は、一戸建てやマンション、ビルなどの建物や建物内の家財となります。
分野としては、損害保険となり、災害が原因で建物に被害が出たときに補償の対象となる保険です。
補償内容は保険会社の商品によって異なり、補償を増やすには特約を用いて変更していきます。
また、保険が付けられる対象となる建物がどのように補償されるのかも異なってくるため、事前に確認しておくと安心でしょう。

補償内容


●火災、落雷
●破損、爆発
●風災、雹災、雪災
●水災
●水漏れ
●衝突
●盗難
●破損、汚損など


これらは、保険会社の商品や契約者の選択した内容によって変わってきますが主な補償内容となります。
保険の対象の選び方は、地域によって必要となる内容を付けるのをおすすめします。
逆に補償対象外となるものもあります。
地震、津波、噴火による火災や破損などは基本的に補償の対象外となり、これらは別に地震保険に加入する必要があります。
また、自動車や現金、切手、有価証券などの金銭的価値のあるもの、帳簿や証書など知的財産、データやプログラムなどの無形財産、建物外に出されているものなどが対象外となります。
この保険は実損払い方式で、保険の契約時に建物2000万円家財1000万円といった一定の保険金額を設定して契約したとしても、実際に保険金が支払われる災害の時には侵害額に応じた金額が支払われます。

家の災害保険のひとつ地震保険とはなにか、補償内容を紹介

家の災害保険のひとつ地震保険とはなにか、補償内容を紹介

この保険とはすまいの保険のひとつで、火災保険とセットで加入することが定められている保険です。
主な内容は、災害(地震や津波など)や損害(埋没や流失など)を受けた場合に補償する保険となります。

地震保険とは

たとえば地震が原因で発生した火災は火災保険では補償されません。
また、噴火や津波による建物や家財の火災、損害、埋没、流失も補償対象外となるため、それらの保証を手厚くするために必要になってくるのが地震保険になります。
ひとたび地震が起こると大規模な損害となる可能性があるため、民間の保険会社単体では震災に関する補償はおこなっておらず、法律(地震保険法)に基づいて政府と共同運営している制度です。
地震大国である日本ではこの保険に入っておくと安心といえるでしょう。

補償内容

震災が原因で、火災が起こり建物が焼けた場合、建物が損壊、家財の損壊、津波での損壊、噴火によって建物が損壊した場合に補償の対象となります。
これらは、一見、火災保険でまかなえるものと思われますが、原因が震災による場合、対象外となります。

地震保険の特徴

まずこの保険は単体では加入することが出来ない保険となっています。
火災保険とセットでの加入が定められており、火災保険に加入しているのであればいつでも、加入や解約が可能になります。
仕組みは以下になります。

●地震によって起きた被害に対する保険金支払いは保険会社と政府が担う
●保険会社が支払った保険金をさらに政府も支払うことから再保険という
●再保険のための再保険料は地震再保険特別会計に区分される
●再保険金総額は、毎年度国会の議会を超えない範囲内で補償しなくてはならない


保険の補償金額は火災保険金の30%〜50%の範囲内になります。
しかし、契約者などの故意または過失や法令違反によってできた損害、被災時に補償の対象となるものが盗難または紛失した場合、戦争や内乱による損害、発生の翌日から10日経過して発生した損害などは補償の対象外となります。
また、この保険は実損払いではないため、実際の修理費ではなく、損害の程度に応じて一定割合の保険金が支給されます。
損害の割合は全損で100%、大半損で60%、小半損で30%、一部損で5%支払われます。
保険金は最大でも、火災保険の50%と十分な金額とは言えませんが、住宅ローンが残っている状態で十分な貯金も用意出来ていないというのであれば加入をおすすめします。

家の災害保険はどうして必要なのか、その必要性についてご紹介

家の災害保険はどうして必要なのか、その必要性についてご紹介

自然災害の多い日本できちんと防災対策をしていても、いざ大きな震災が来たときに深刻な被害を受けてしまう可能性は大いにあります。
大規模な災害によって発生した損害を復興するためには多大なコストが必要になり、震災の場合、災害保険に加入していないとご自身の貯金でそのコストを賄わなくてはなりません。
いつか起こるであろう震災の防災対策のために、災害保険の加入は必要といえます。

持ち家の場合の必要性

保険に加入する必要性は、たとえば住宅ローンがまだ残っている段階で火事で家が燃えてしまった場合、家は無くなってしまったのに、ローンだけが残ってしまうといったことが起こらないようにする必要があるからです。

災害保険のメリット

1番のメリットは震災によって発生した損害の補償をしてもらえることではないでしょうか。
また、保険金を当面の生活費として補えることも可能ですし、残った住宅ローンの返済に充てることができます。
地震保険は保険会社と政府によって運営されているため、加入していると比較的早く保険金を受け取ることができます。
被災後お金が入ると入らないとでは安心材料にかなりの差が出ますね。

保険の加入率

保険の加入率は「損害保険算出機構」のデータから確認することができます。
地震保険の全国の世帯加入率は33.1%とあまり高くはありません。
都道府県別でみてみると、東京で37.3%、もっとも加入率の高い県は宮城で52.0%、続いて愛知県で43.0%、熊本で42.8%、一番少ない地域で沖縄16.6%という数字が出ています。
地域によって差が出てくるのは、過去に災害の影響の大きかった地域ということと、そもそも火災保険にも加入していないひともいるということではないでしょうか。

想定される災害

【自然災害】
地震、台風、水害、高潮、土砂崩れなどの異常な自然現象。
住んでいる地域のハザードマップや過去の出来事で起こる可能性は想定できることもあります。

【人為災害】

●火災や騒音、車、船舶、飛行機などの事故、機械の不備や管理不十分によって起こる事故、水質汚染や環境破壊によって起こる環境災害

【特殊災害(CBRNE)】

●有害化学物質の漏洩や化学(chemical)テロなど
●生物(biologcial)兵器によるテロや病原体のパンデミックなど
●放射性物質(rediological)の漏洩や原子力発電所の事故など
●核兵器(nuclear)によるテロ
●事故やテロによる爆発(explosive)


上記の災害は自分には関係ないと思っている方もいると思います。
しかし、有害化学物質に値する一酸化炭素中毒や、病原体のインフルエンザの集団感染などは、身近に起こっている例なので注意が必要です。
この想定される災害で自身を守ってくれるものが、保険になります。
上記の災害は災害保険のみならず、医療保険や、自動車保険などで賄う必要があります。

まとめ

いつ起こるか分からない災害に備えるのが災害保険です。
火災保険だけ入っておけば安心と思っている方もいるようですが、地震や噴火に対する災害には適用される例は少ないため、この日本でマイホーム購入を考えているのであれば、地震保険への加入を検討してみましょう。

\お気軽にご相談ください!/

弊社へのお問い合わせはこちら

≪ 前へ|不動産売却をするタイミングにはライフステージの変化がひとつのきっかけ   記事一覧   築浅の一戸建てを売却したい方必見!早く・高く売るためのコツをご紹介!|次へ ≫

最新記事

おすすめ記事

カテゴリ

>>全ての記事を見る

XMLRSS2.0

  • お客様の声
  • スタッフ紹介
  • 内部ブログ
  • 周辺施設検索
  • お問い合わせ
  • アクセスマップ
  • 会社概要

    会社概要
    有限会社リアルプランナー
    • 〒485-0021
    • 愛知県小牧市大字二重堀993-11
    • 0120-411-505
    • TEL/0568-41-4555
    • FAX/0568-41-4556
    • 愛知県知事 (6) 第18182号
      建設業許可(般ー4)第55147号
  • QRコード
  • 更新物件情報

    2022-07-04
    二重堀 上池 中古の情報を更新しました。
    2022-07-04
    春日井市 東神明町の情報を更新しました。
    2022-07-04
    二重堀 川向の情報を更新しました。
  • 不動産総合ポータルサイトいえらぶ参加中

トップへ戻る