小牧市の不動産なら|有限会社リアルプランナー > 有限会社リアルプランナーのスタッフブログ記事一覧 > リフォームとリノベーションの違いとメリット・デメリットとは?

リフォームとリノベーションの違いとメリット・デメリットとは?

≪ 前へ|相続した物件を不動産売却したい場合の手順や税金   記事一覧   中古物件を購入してオール電化にリフォームすると電気代はどう変わる?|次へ ≫

リフォームとリノベーションの違いとメリット・デメリットとは?

カテゴリ:なるほど知識

リフォームとリノベーションの違いとメリット・デメリットとは?

住宅広告などで目にする「リフォーム」と「リノベーション」という言葉は、似た意味を持っていますが違いをご存じでしょうか?
今回は、その違いと、それぞれのメリットとデメリットを解説します。
ぜひ、住宅購入を検討している方はこの記事を参考にしてみてください。

弊社へのお問い合わせはこちら

リフォームとリノベーションの違いとは?

リフォームは、損傷が激しいところなどを修復してきれいな状態に戻すことを言います。
一方リノベーションとは、建物自体の価値や機能を向上させるために改装工事をすることを言います。
たとえば、ターゲットの幅を広げることを目的として、お部屋の間取りを2DKから1LDKに変えることは「リノベーション」にあたります。
これに対して、剥がれた壁紙の貼り替えや故障した部分の修繕はリフォームに当たります。

リフォームとリノベーションの違い!それぞれのメリットとは?

リフォームのメリットは、修繕したいところだけ選んでできることです。
住宅の一部分の改修であるため、リノベーションよりも費用が低くなることが一般的です。
一方、リノベーションのメリットは、ご自身で間取りなどをカスタマイズできる点です。
中古住宅を購入してリノベーションすれば、新築住宅を購入するよりも費用を抑えて理想に近いマイホームを手に入れることができます。
構造によっては変えられない部分がありますが、ご自身のライフスタイルに合った設計や好みのデザインにできるところは、リノベーションの魅力と言えます。

リフォームとリノベーションの違い!それぞれのデメリットとは?

リフォームのデメリットは、改修しても住宅の印象自体が新しくなるわけではない点です。
おもに生活に支障をきたしている部分の修繕をおこなうため、修繕した箇所は新しくなりますが、建物全体の印象はもともとの印象と変わらないことがほとんどです。
一方、リノベーションのデメリットは、住宅の築年数によっては、基礎の部分から手を入れる必要があることがあり、耐震工事やシロアリ対策などで費用が高額になるケースがある点です。
フルリノベーションの場合は1㎡あたり10~15万円が相場と言われていますが、耐震工事などをおこなう場合は追加費用がかかることになります。

まとめ

今回は、リフォームとリノベーションの違いや、それぞれのメリットとデメリットについて解説しました。
リフォームをするのか、リノベーションをするのかは、修繕の目的によって異なります。
とくに費用は、修繕をする範囲やおこなう工事によって金額が大きく異なるので、事前に予算や費用を確認したうえで修繕をおこなうと良いでしょう。
私たちリアルプランナーは、ファミリー向けの物件を多数取り扱っております。
小牧市周辺の物件をお探しの際は、ぜひコンシェルジュにご相談ください。
弊社へのお問い合わせはこちらをクリック↓

弊社へのお問い合わせはこちら


≪ 前へ|相続した物件を不動産売却したい場合の手順や税金   記事一覧   中古物件を購入してオール電化にリフォームすると電気代はどう変わる?|次へ ≫

最新記事

おすすめ記事

カテゴリ

>>全ての記事を見る

XMLRSS2.0

  • お客様の声
  • スタッフ紹介
  • 内部ブログ
  • 周辺施設検索
  • お問い合わせ
  • アクセスマップ
  • 会社概要

    会社概要
    有限会社リアルプランナー
    • 〒485-0021
    • 愛知県小牧市大字二重堀993-11
    • 0120-411-505
    • TEL/0568-41-4555
    • FAX/0568-41-4556
    • 愛知県知事 (6) 第18182号
      建設業許可(般ー4)第55147号
  • QRコード
  • 更新物件情報

    2022-07-04
    二重堀 川向の情報を更新しました。
    2022-07-04
    二重堀 上池 中古の情報を更新しました。
    2022-07-04
    春日井市 東神明町の情報を更新しました。
  • 不動産総合ポータルサイトいえらぶ参加中

トップへ戻る