小牧市の不動産なら|有限会社リアルプランナー > 有限会社リアルプランナーのスタッフブログ記事一覧 > 不動産を売却するときに覚えておきたいオープンハウスとは

不動産を売却するときに覚えておきたいオープンハウスとは

≪ 前へ|農地を売却したい方必見!農地の売却方法と必要な費用について解説   記事一覧   中古物件を購入してオール電化にリフォームすると電気代はどう変わる?|次へ ≫

不動産を売却するときに覚えておきたいオープンハウスとは

不動産を売却するときに覚えておきたいオープンハウスとは

不動産を売却したいと考えたとき、できるだけ条件を落とすことなく希望どおりに売却したいと考える方がほとんどでしょう。
できれば書類だけでは伝わらない物件の魅力も伝えて、早く買い手を見つけたいものです。
そんな方は、オープンハウスの利用を検討してみてはいかがでしょうか。
不動産を売却するときに利用できるオープンハウスとはなにか、メリット・デメリットを解説します。

\お気軽にご相談ください!/

弊社へのお問い合わせはこちら

不動産売却に使えるオープンハウスとは

不動産売却に使えるオープンハウスとは

オープンハウスとは売却活動のひとつで、売却したい不動産を期間限定で開放し、自由に内覧できるようにすることをいい、マンションの場合はオープンルームと呼ばれることもあります。
期間中は、鍵をかけずにオープンな状態にして、誰でも自由に入って見学することが可能です。
中古物件を売却する場合の見学は、基本的には売主が立ち会います。
しかし見学する側からすると、所有者を前にして設備など細かい部分はじっくり見れず、直接は質問しにくいと感じるかもしれません。
そこでオープンハウスを開催することで、所有者がいない状態で購入希望者に気兼ねなく、劣化部分など気になる部分まで、細かく見てもらうことが狙いです。
いわゆる、住宅展示場やモデルハウスの見学会を自宅でおこなうようなもので、自由に見学させて物件を多くの方に知ってもらい、売却につなげることができるでしょう。
似たような形態にモデルハウスがありますが、これとは明確な違いがあります。
モデルハウスは、家具がおしゃれに配置され、設備も整っている状態ではありますが、あくまで仮想の住宅であり、建物も仮設住宅の扱いなので物件そのものを購入したり、そこに住むことはできません。
オープンハウスをおこなう場合は、不動産会社から提案を受けることが多く、実際、期間中は不動産会社のスタッフが見学に来た方を案内をしてくれます。
さらに、誰でも気軽に見学できるようにとドアを開けっ放しにしていることも多く、スタッフは常駐していることが多いです。
引っ越す前におこなうときは、家具はそのままの状態で家のなかをきれいに掃除したあと、決めた期間を不動産会社に貸し出すような形で開放し、終わればまた元のように生活するといった流れです。
一方、すでに引っ越ししている場合では、家具を搬入しショールームのようなおしゃれに配置しておこないます。
日程は多くの方を呼び込みたいため、一般的に土日や祝日を開催することが多いですが、早く売却したい場合には平日にもおこなうと良いでしょう。

オープンハウスを実施することで得られるメリットとは

オープンハウスを実施することで得られるメリットとは

オープンハウスの大きなメリットは、早期売却が期待できるところです。
不動産の購入をする方は、必ずといっていいほど内覧をします。
通常の場合では物件の情報を入手し、扱っている不動産会社に内覧希望の問い合わせをします。
すると、立ち会う売主も交えて複数人で日程を合わせなくてはなりません。
そのため、すぐに日程が合わないといったことが起こると、内覧を希望してから実際に見られるまでに時間がかかってしまうことも考えられます。
その点オープンハウスでは、決められた期間中であれば、いつでも誰でも見学することができるので、日程調整の手間も省けるでしょう。
さらに、複数組が内覧を希望している場合でも、同時に見てもらえることもメリットの1つです。
たとえば、購入を希望している方が見学している横で、ほかの方が価格を聞いていたり、ローンについて聞いていたりと詳細について話しているのを聞いたらどうでしょうか。
人間の心理として、「早く買わないとほかの方に取られてしまうのでは」と焦り、競争意識が芽生えるでしょう。
売主の思わぬところで競争が生まれ、成約率は高まり、価格も下げることなく希望価格のままで売却できる可能性が上がります。
また、たくさんの方に見てもらえることもメリットの1つです。
チラシなどの情報を知って訪れた方だけでなく、とおりすがりの方や、近所に住んでいる方で住みかえを検討している方、子どもや孫のために自分の住んでいる場所から近い物件を探している方にも出会える可能性があります。
思わぬメリットとしては、物件の悪いところが明確になることが期待できます。
物件を購入してもらうためには、第一印象や見た目は非常に重要です。
オープンハウスを開催する前には、物件となる家の掃除をおこない、劣化している部分はあらかじめ修繕します。
そのため、家を隅々まで見ることで、暮らしているときには分からない現状や劣化を発見することができるでしょう。
売却するためにチェックしているので自然と買い手の立場になり、物件自体の悪いところや修繕部分が見えてくるのです。
通常の売却よりもきれいな状態での売却が可能となるので、その分価格も高く売れることもあるでしょう。
また、訪れた方にアンケートを書いてもらえば、開催して成約につながらなかったとしても、成約されない要因を突き止めるヒントになり、さらに改善する点が見えてくるかもしれません。

オープンハウスをおこなうときの注意点やデメリット

オープンハウスをおこなうときの注意点やデメリット

多くの方が見に来てくれるオープンハウスですが、売却前におこなう場合は、それがデメリットと感じる方もいるかもしれません。
不特定多数の方に見てもらえるということは、不特定多数の方が自宅に出入りするということとも考えられます。
なかには不動産購入に興味もなく、冷やかしで見に来る方も多いということは頭に入れておかなくてはなりません。
全く知らない方が、自分の家のなかを歩き回るのに抵抗感がある方もいれば、知り合いにも見られたくないと感じる方もいるでしょう。
もしかしたら、知り合いに知られたくなかった情報をさらけ出してしまう可能性があることは把握しておく必要があります。
また、購入希望者となればリビングだけでなく、お風呂やキッチン、トイレといった水回りや寝室まで細かくチェックされることも覚悟しておきましょう。
さらに、参考として写真や動画を撮影する方もいるかもしれません。
居住中の場合は、プライベート空間を撮られたくない方は、「写真や動画撮影をしないようにルールを決めたい」と不動産会社に要望を伝えておくことも大切です。
一見メリットが多いと感じるオープンハウスですが、オープンハウスに消極的な不動産会社は少なくありません。
オープンハウスの費用は、基本的にはすべて不動産会社が負担しなければならず、負担が大きいと考える業者も多いのです。
オープンハウスをおこなうことを知らせ、集客するためのチラシなどの宣伝費用、当日対応する従業員の人件費、物件をクリーニングする場合はクリーニング費用もかかり、退去後であれば家具の手配もしなければなりません。
それだけの費用をかけて開催したとしても、購入者が決まらない可能性は十分にあります。
さらに開催する日程も土日が多いため、元から忙しい休日にオープンハウスを引き受けるのは、割に合わないと考える業者が多いと考えられます。
「自分からオープンハウスを利用して売却したい」と考えている方は、積極的にオープンハウスに協力してくれる業者を探すことが最初の重要事項といえるでしょう。

まとめ

不動産売却にオープンハウスを利用することで、多くのメリットがあることが分かりました。
それだけではなく、プライバシーの問題や不動産会社の選び方など注意しなければならないでしょう。
メリット・デメリットを把握したうえで、上手に利用し希望に近い売却を目指しましょう。

\お気軽にご相談ください!/

弊社へのお問い合わせはこちら

≪ 前へ|農地を売却したい方必見!農地の売却方法と必要な費用について解説   記事一覧   中古物件を購入してオール電化にリフォームすると電気代はどう変わる?|次へ ≫

最新記事

おすすめ記事

カテゴリ

>>全ての記事を見る

XMLRSS2.0

  • お客様の声
  • スタッフ紹介
  • 内部ブログ
  • 周辺施設検索
  • お問い合わせ
  • アクセスマップ
  • 会社概要

    会社概要
    有限会社リアルプランナー
    • 〒485-0021
    • 愛知県小牧市大字二重堀993-11
    • 0120-411-505
    • TEL/0568-41-4555
    • FAX/0568-41-4556
    • 愛知県知事 (5) 第18182号
      建設業許可(般ー29)第55147号
  • QRコード
  • 更新物件情報

  • 不動産総合ポータルサイトいえらぶ参加中

トップへ戻る