小牧市の不動産なら|有限会社リアルプランナー > 有限会社リアルプランナーのスタッフブログ記事一覧 > 不動産を購入したあとにインターネットを契約する方法をご紹介

不動産を購入したあとにインターネットを契約する方法をご紹介

≪ 前へ|ライフステージの変化に合わせた不動産売却について解説   記事一覧   土地の調べ方とは?用途地域と道路の調査の仕方を解説!|次へ ≫

不動産を購入したあとにインターネットを契約する方法をご紹介

不動産を購入したあとにインターネットを契約する方法をご紹介

今の時代、インターネットは水道や電気に次ぐ重要な設備となっています。
引っ越してからインターネットの契約を結んでもすぐには利用できないため、不動産の購入時には手続きを済ませておきましょう。
この記事では、不動産の購入時にインターネットを契約する方法をご紹介します。
不動産の購入を検討している方はぜひ参考にしてください。

\お気軽にご相談ください!/

弊社へのお問い合わせはこちら

不動産購入後にインターネットを契約する方法

不動産購入後にインターネットを契約する方法

不動産の購入をしたら、すぐにインターネットの契約をしましょう。
インターネットの契約方法を解説していくので、ぜひ参考にしてください。

インターネット回線とプロバイダーの選択

インターネットを契約するには、まずインターネット回線とプロバイダーを選ぶ必要があります。
これらの2つは、自分で連絡をおこない契約する必要があるので、自分の好みにあったものを選ぶようにしてください。
最近では、ネット回線とプロバイダがセットになっているプランもあるので、そいうったものを契約すると手続きの手間を抑えられます。
また、契約後すぐに工事が始まるわけではないので、不動産の購入が済んだらすぐに連絡をして、入居日にインターネットを使用できるように工事の段取りなどをしてください。

インターネット会社とは

インターネット会社とは、携帯会社の大手3大キャリアなどのインターネット回線を提供している会社のことです。
インターネットを使用するには、これらの企業が提供しているネット回線と契約しなければネット回線を使用することができません。
そのため、まずはこれらのうちから自分の好きなインターネット会社を選びネット回線を契約します。

プロバイダーとは

プロバイダーとは、インターネット接続をおこなう企業のことです。
インターネット会社との契約は、あくまで使用する回線を決めるための契約であって、回線と接続するための契約ではありません。
そのため、プロバイダーと契約をして、インターネット回線との接続をしてもらわなければ実際にインターネットを使用することができないのです。
プロバイダーは企業ごとに特徴があり、接続できるネット回線や提供されているサービスが異なります。
そのため、自分が使用したい回線や受けたいサービスに合わせて契約しましょう。

インターネットの引き継ぎ

前の家でインターネット契約をしている場合は、契約をそのまま引き継いで使用することも可能です。
引き継ぎの手続きは、契約している回線やプロバイダに移転手続きの申請をすることで、引越し先でインターネットが使えるようになります。
この場合は、新しく契約をする必要もありませんし、解約手続きもする必要がないので簡単に手続きを済ませることができます。
しかし、ネット回線やプロバイダ、地域によっては、引っ越し先での使用ができないこともあるので、引き継ぎをする際は事前に調べておくようにしましょう。

インターネット契約する際に知っておきたい回線の種類

インターネット契約する際に知っておきたい回線の種類

インターネット契約する際には、インターネット回線の種類を知っておく必要があります。
ここでは、インターネット回線の種類や特徴をご紹介していきますので参考にしてください。

インターネット回線の種類

インターネット回線には大きく3つの種類があり、「光回線」「モバイル回線」「ケーブルテレビ」に分けることができます。
これら3つのうち、どれを選ぶかによって料金や快適さも変わります。
それぞれ特徴や料金、工事の有無などが違うので自分に合った回線を選択するようにしてください。

光回線

光回線とは、日本でもっとも使用されているインターネット回線のひとつで、光ファイバーケーブルを使用した回線です。
通信ケーブルを宅内に引き込み使用するため、速度が早く非常に安定しているといった特徴があります。
また、ケーブルを引き込むといっても、宅内で無線WiFiに接続してそこから電波を飛ばすことができるので、自宅全体で高速な通信が可能となります。
ネットを使用するために工事が必要になりますが、高速な通信ができるので、大容量の通信を日頃からしている方などは、光回線を使用するのがオススメです。

モバイル回線

モバイル回線とは、自宅近くの基地局から電波を中継してインターネット接続をする回線です。
この回線では、近くの基地局から無線で電波を受信するため、面倒な工事をすることなくネット接続を開始することができます。
また、最近のホームルーターは自宅のコンセントに接続するだけで使用できる物もあるので、機会にうとい人でも簡単に設置ができます。
しかし、光回線と比べると通信速度・安定性ともに落ちてしまうので、家族全員がネットを使用する家庭であればあまりオススメはできません。

ケーブルテレビ

ケーブルテレビとは、名前からわかるとおりテレビの回線を使用した回線です。
この回線は、全国にあるケーブルテレビが回線を提供しているので、電波の入りにくいような所でも安定して通信をすることができます。
また、テレビ局が運営しているため契約すると、テレビ局のサービスも併用できるのも特徴です。
しかし、この回線では通信ケーブルに家庭用の細いケーブルを使用しているので、通信速度が遅いといった欠点もあります。
ですので、契約する際は通信速度などをしっかり見たうえで契約する必要があります。

インターネット契約するまでにかかる期間

インターネット契約するまでにかかる期間

新居ですぐにインターネットを使用するためにも工事期間は事前に把握しておく必要があります。
ここでは、工事の期間や注意すべき点をご紹介していきます。

工事にかかる期間

インターネットの開通は、一般的に申し込みから1か月ほどかかると言われています。
開通の工事は、他の工事との兼ね合いもあるので、申し込んでからすぐに工事を開始できるというものでもありません。
また、工事業者が繁忙期だった場合は、工事の時間が確保できずに作業が進まないことも考えられるので、余裕を持って申し込みをしておくと安心です。
とくに春ごろは引っ越しをする方が多く、業者も時間を取ることが難しいので、新居の完成日がわかったらすぐに申し込みをして日程調整をするようにしてください。

工事不要の場合

モバイルWiFIの場合は、工事の必要がないのでWiFIを購入してからすぐに使用することができます。
とくに、使用する人が少ない場合はモバイルルーターでも問題なく使用できるので、光回線などの工事をしたくない方はモバイルルーターから試してみるのもいいでしょう。

工事をする際の注意点

工事をする際は、気になる点を必ず施工業者と相談するようにしてください。
ネットの開通工事は、宅外から宅内にケーブルを引き込む工事になるので、見栄えや施工方法で業者とトラブルになる可能性があります。
とくに外からケーブルを引き込む際は、壁に穴を開けてケーブルを通すこともあるので、しっかり施工方法を聞いておきましょう。
施工法を聞かずに任せておくと、せっかくの新居に穴が空いてしまうこともあるので、しっかり合意したうえで工事してもらうようにしてください。
工事の時間自体は、2時間ほどで終わる場合がほとんどなので、時間が合う場合は立ち会いをして工事をしてもらうと安心です。

まとめ

不動産の購入時にインターネットを契約する方法を解説しました。
インターネットの開通工事や引き継ぎなど、入居日までに済ませておかないと使用できないので、日程調整をしっかりしておくことが重要です。
また、使用する回線によって使い心地も変わってくるので、自分に合った回線やWiFiを契約するようにしてください。

\お気軽にご相談ください!/

弊社へのお問い合わせはこちら

≪ 前へ|ライフステージの変化に合わせた不動産売却について解説   記事一覧   土地の調べ方とは?用途地域と道路の調査の仕方を解説!|次へ ≫

最新記事

おすすめ記事

カテゴリ

>>全ての記事を見る

XMLRSS2.0

  • お客様の声
  • スタッフ紹介
  • 内部ブログ
  • 周辺施設検索
  • お問い合わせ
  • アクセスマップ
  • 会社概要

    会社概要
    有限会社リアルプランナー
    • 〒485-0021
    • 愛知県小牧市大字二重堀993-11
    • 0120-411-505
    • TEL/0568-41-4555
    • FAX/0568-41-4556
    • 愛知県知事 (5) 第18182号
      建設業許可(般ー29)第55147号
  • QRコード
  • 更新物件情報

  • 不動産総合ポータルサイトいえらぶ参加中

トップへ戻る