小牧市の不動産なら|有限会社リアルプランナー > 有限会社リアルプランナーのスタッフブログ記事一覧 > ライフステージの変化に合わせた不動産売却について解説

ライフステージの変化に合わせた不動産売却について解説

≪ 前へ|一戸建てを購入する前に知っておきたい「サイディング」とは?   記事一覧   不動産を購入したあとにインターネットを契約する方法をご紹介|次へ ≫

ライフステージの変化に合わせた不動産売却について解説

ライフステージの変化に合わせた不動産売却について解説

結婚や出産、子どもの独立など、ライフステージの変化を機に不動産売却をする方も少なくないでしょう。
変化に合わせて住む場所や住宅を変えることで、そのときにあった快適な生活を送ることができます。
快適な生活を送るには、ライフステージに合わせた不動産売却のタイミングや方法を知っておく必要があります。
この記事では、ライフステージごとの不動産売却方法を解説していきますので、ぜひ参考にしてください。。

\お気軽にご相談ください!/

弊社へのお問い合わせはこちら

出産に合わせた不動産売却

出産に合わせた不動産売却

不動産売却を考える変化としてまず一番に挙げられるのが出産だと思います。
ここでは、出産時に合わせて不動産売却をするメリットと、不動産売却をスムーズに済ませる方法をご紹介していきます。

なぜ出産に合わせて不動産売却をするのか?

出産時に多くの方が不動産売却をするのは、子どもが生まれることで家の中が手狭になってしまうからです。
子どもが産まれると、単純に人がひとり増えることになるので、スペースが必要になるのは当然です。
また、子どもが産まれると、子どもの服やおもちゃといった物も増えるので、夫婦二人だけで住んでいた家に住み続けるのは多少厳しいといえます。
さらに子どもが大きくなるにつれ、子ども部屋を用意する必要も出てくるため、出産に合わせて不動産売却をするのです。
そして、売却によって得た資金をもとに多くの方が不動産の買い替えをおこなっています。

出産前に不動産売却をするメリット

子どもが産まれるときに不動産売却をすることで、子育てがしやすい環境を整えやすいといったメリットがあります。
子どもが産まれると、住宅周辺の住環境や保育園までの距離など、子育てに適した環境を整えなければ満足に子育てをすることもできません。
また、子育て支援をおこなっている地域もありますが、そういった地域に住んでいなければ支援を受けることもできなくなってしまいます。
出産助成金や出産祝金などをもらえる所もあるので、そういった地域に引っ越さなければ金銭面的に損をしてしまうこともあります。
さらに、子どもが生まれてから引っ越しをすると、荷物が増え手間もかかってしまうため、出産前に不動産売却を済ませておくことがオススメです。

不動産売却をスムーズにおこなうための方法

出産前に知っておきたい、不動産売却をスムーズにおこなうための方法を2つご紹介します。

1つ目は、相場価格よりも安い価格で売りに出す方法です。
当たり前ですが、相場の価格より安く販売されている不動産は注目されやすくなります。
注目されるほど買い手が見つかる可能性が高まるので、早めに売却したい方は相場価格より少し低い価格で出すのがオススメの方法です。

2つ目は、買い手の購入希望価格で販売する方法です。
早めに不動産を売却したいのであれば、買う意思のある方を逃してはいけません。
自分の売却希望価格があったとしても売れなければ意味はありませんし、売却のチャンスを逃すと次にいつ買い手が見つかるかわかりません。
そのため、相手の希望に合わせて売却するのも早く売るためのポイントです。

不動産会社に買取を依頼する

不動産がなかなか売却できないときは、不動産会社に買取を依頼するのもひとつの方法です。
買い手が見つからない場合でも、不動産会社に依頼すればすぐに買い取ってくれるので、なかなか売却できないときは買取を検討するのもいいでしょう。
しかし、不動産会社に買取を依頼するときは、相場価格より低くなる可能性がある点は把握しておく必要があります。
買取を依頼する場合は、相場価格より2〜3割ほど低い価格で買取をする場合が多いので、その点は理解しておきましょう。
また、出産前はいろいろと忙しくなるため不動産売却は早めに始めておきましょう。

子どもの独立に合わせた不動産売却

子どもの独立に合わせた不動産売却

出産の次は、子どもの独立が不動産売却を検討するタイミングとなることが多いでしょう。
ここでは、子どもの独立のタイミングでどういった売却をするか解説していきます。

子どもの独立後に不動産売却する理由

子どもが独立したあとに不動産売却をおこなうのは、老後に備えるといった理由が多くあります。
夫婦二人になったことで、使わない部屋が出てきますし、部屋が多ければ掃除の手間も増えるので、今より小さな家に引っ越す方が多くいるのです。
引っ越すことで部屋を持て余すことも無くなりますし、バリアフリーの家に引っ越すことで老後も安心して生活ができるようになります。
こういった理由から、多くの方が子どもの独立を機に不動産売却をしています。

子どもの独立後に不動産売却するメリット

子どもの独立後に不動産売却するメリットは大きく2つあります。

1つ目は、税金の節約です
子どもがいるときの家と夫婦二人が住む家では、後者の方がコンパクトな家になるため、ほとんどの場合で固定資産税などの税金を抑えることができます。
部屋あまりの問題も解決できますし、節税になるので大きなメリットといえます。

2つ目は、老後に合わせた家に住める点です。
子どもが独立しても引っ越しをしなければ、老後に備えることができません。
引っ越しをすることで、快適な老後生活を送ることができるようになるので、この点もメリットといえます。

子どもの独立後に不動産を高く売るには?

子どもの独立後の不動産は、築年数が古い場合が多く、思うように売れないことがあります。
そのため、より高値で早く売りたい方は、リフォームをしてから売却するのがオススメです。
当然ですが、リフォームには費用がかかります。
しかし、リフォームをすることで売却までの時間も短くなりますし、何より高値で売れる可能性が高くなります。
また、建物は年数が経つほど価値が落ちてしまうので、リフォームをおこない早めに売却してしまうのがオススメです。

親が亡くなるタイミングでの不動産売却

親が亡くなるタイミングでの不動産売却

続いては、親が亡くなるタイミングでの売却について解説していきます。

親が亡くなった場合に不動産売却をする理由

親が亡くなった場合、多くの方が不動産売却をおこないます。
その理由は、多くの方が不動産を有効活用できないからです。
そもそも、相続人は自分の家などを持っている場合が多いので、住居としては必要ありませんし、他の活用法も一般の方であればなかなか思い付かないでしょう。
こういった理由から、多くの方は親が亡くなるタイミングで不動産売却をおこなうのです。

相続した不動産を売却する方法

親から相続した不動産を売却する場合、不動産の名義を自分に変更をしてから売却をおこないます。
基本的に名義人である人物しか不動産を売却することができないので、まずは名義変更をしなければいけません。
名義変更には、「登記申請書」「住民票の写し」「戸籍謄本」などが必要になるので、事前に準備が必要です。
また、名義変更をするには相続登記が必要になるので、名義変更と合わせておこなう必要があります。
こういった手続きは、自分では難しいので司法書士に依頼して手続きをしてもらうとよいでしょう。

不動産の譲渡所得税と控除特例

不動産を売却したときは、当然ですが譲渡所得税がかかってきます。
譲渡所得の税率は、売却年の1月1日時点で保有期間が5年以内なら39.63%、5年超えなら20.315%となります。
また、これらの税金は特例を使用することで節税が可能です。
特例では、相続空き家売却の3,000万円の特例控除というものがあり、一定の要件を満たせば、譲渡所得のうち3000万円までが非課税となります。
不動産売却をする際は控除をうまく活用して売却してください。

まとめ

ライフステージの変化による不動産売却の方法を解説しました。
不動産の売却は大変なものですが、ライフステージの変化に合わせて生活することで人生の質を高めることができます。
ですので、自分のライフスタイルに合わせて、不動産売却をおこなってください。

\お気軽にご相談ください!/

弊社へのお問い合わせはこちら

≪ 前へ|一戸建てを購入する前に知っておきたい「サイディング」とは?   記事一覧   不動産を購入したあとにインターネットを契約する方法をご紹介|次へ ≫

最新記事

おすすめ記事

カテゴリ

>>全ての記事を見る

XMLRSS2.0

  • お客様の声
  • スタッフ紹介
  • 内部ブログ
  • 周辺施設検索
  • お問い合わせ
  • アクセスマップ
  • 会社概要

    会社概要
    有限会社リアルプランナー
    • 〒485-0021
    • 愛知県小牧市大字二重堀993-11
    • 0120-411-505
    • TEL/0568-41-4555
    • FAX/0568-41-4556
    • 愛知県知事 (5) 第18182号
      建設業許可(般ー29)第55147号
  • QRコード
  • 更新物件情報

  • 不動産総合ポータルサイトいえらぶ参加中

トップへ戻る