小牧市の不動産なら|有限会社リアルプランナー > 有限会社リアルプランナーのスタッフブログ記事一覧 > サンルームって必要?マイホームにサンルームを設置するメリットや注意点とは

サンルームって必要?マイホームにサンルームを設置するメリットや注意点とは

≪ 前へ|一戸建て住宅のインナーバルコニーとは?設置する際のデメリットについて   記事一覧   土地の購入前に知っておきたい「日影規制」とは?北側斜線制限についても解説|次へ ≫

サンルームって必要?マイホームにサンルームを設置するメリットや注意点とは

サンルームって必要?マイホームにサンルームを設置するメリットや注意点とは

念願のマイホームに、サンルームを設置するかどうかお悩みの方はいませんか?
憧れをもつ方も多いサンルームですが、注意点を知っておかないと、あとから思わぬトラブルに発展することがあります。
この記事では、住宅にサンルームを設置するメリットや注意点、費用について解説します。
マイホームにサンルームを設置するかどうかお悩みの方は、ぜひ参考にご覧ください。

\お気軽にご相談ください!/

弊社へのお問い合わせはこちら

マイホームにサンルームを設置するメリット

マイホームにサンルームを設置するメリット

サンルームとは、屋根や壁、開口部をガラス張りにして、日光を多く取り入れられるようにした部屋のことです。
見た目がおしゃれなことから、憧れをもつ方も多いでしょう。
そんなサンルームをマイホームに設置すると、どのようなメリットが得られるのでしょうか?
ここではサンルームのメリットをご紹介します。

天気を気にせずに洗濯物が干せる

「サンルーム=洗濯物干し場」というイメージを持っている方は多いのではないでしょうか?
実際にサンルームは、ガラス張りで日当たりが良く、居室として使えるほどの気密性・断熱性があるため、部屋干しに最適な空間です。
外の天気に左右されずに洗濯物が干せるという点は、大きなメリットでしょう。
とくに、共働きで日中家におらず、急な雨でも洗濯物を取り込めないというご家庭では重宝する設備です。
日当たりの良さから、通常の室内でおこなう部屋干しよりも乾きやすく、また生乾き臭の発生も抑制できます。

開放感がある

開放感を味わえることも、サンルームを設置するメリットの1つです。
ガラス張りのサンルームでは室内にいながら、まるで外にいるような開放感が味わえます。
リビングの延長でサンルームをつくれば、リビング全体が明るくなり、室内がより広く感じられるでしょう。

さまざまな活用方法

サンルームの活用方法は、多岐に渡ります。
居室として使用できるため、来客を招いたり、趣味の部屋にすることも可能です。
たとえば、以下のような活用方法があります。

キッズスペースとして
サンルームを、子どもの遊び場として活用するのもおすすめです。
ガラス越しに子どもを見守れるため、親御さんも安心して家事ができます。

ペットを遊ばせるスペースとして
外の景色を間近で感じられるサンルームは、ペットの遊び場としても活用できます。
とくに、悪天候で散歩にいけないときに重宝するでしょう。

観葉植物を育てる場所として
サンルームは気密性や日当たりが良いため、温室としても活用できます。
自宅で観葉植物をたくさん育てたい方におすすめです。

アウトドアリビングとして
リビングの延長にあるサンルームであれば、開口部を開くことで、アウトドアリビングのような空間になります。
バーベキューの最中に雨が降ってきても、すぐに対応できて便利です。

マイホームにサンルームを設置する際にかかる費用

マイホームにサンルームを設置する際にかかる費用

サンルームは注文住宅を建てる際につける方法もあれば、中古住宅や建売住宅を購入して後付けする方法もあります。
そこで気になるのは費用ではないでしょうか?
ここでは、サンルームを後付けする際にかかる費用について解説します。

サンルームの後付けにかかる費用の目安

サンルームのタイプや使用する材料などによって異なりますが、おおよその設置費用は100万~200万円です。
面積が広くなればなるほど高くなり、また土間やタイルなどの外壁施工などをおこなうと、さらに追加で費用がかかります。
一方、サンルームと似たような使い方ができる「テラス囲い」の場合、約40万円から設置可能です。
テラス囲いとは、住宅の外に張り出したテラスをガラスで囲ったもので、サンルームほどの機密性・断熱性はありません。
ただし、サンルームよりもリーズナブルな料金で設置ができるというメリットがあります。

建築確認申請が必要なケースに注意

10㎡以上のサンルームを後付けする場合、建築確認申請が必要になります。
建築確認申請とは、増築をする前に自治体などに必要書類を提出して、建築基準法に適合しているかどうかチェックを受けることです。
建築確認申請をするにも、費用がかかります。
また増築する部分の面積が10㎡以下であっても、防火地域・準防火地域の場合には、確認申請が必要です。
サンルームを増築する際は、このような点にも考慮しなければなりません。

地盤や外壁の工事が費用に影響する

サンルームを後付けする場合、住宅の建設中に設置するよりも、費用が高くなる傾向にあります。
なぜなら、地盤に杭を打ったり、追加で外壁の補修が必要になったりするためです。
新築時は更地の状態なので機械の搬入もしやすいですが、増築の場合では、外構などを一旦壊す必要もでてくるでしょう。
このように後付けの場合には、地盤や外壁工事が原因で、費用が高額になる可能性があります。

マイホームにサンルームを設置するときの注意点

マイホームにサンルームを設置するときの注意点

サンルームを設置する際には、いくつかの注意点があります。
メリットだけを見て設置してしまうと、思わぬトラブルに発展してしまう可能性があるため、事前にしっかり確認しておきましょう。

掃除やメンテナンスの方法を考えておく

ガラス張りでおしゃれなサンルームですが、ガラスは汚れが目立つ素材です。
とくに鳥のフンなどは、放っておくと汚れが取りにくくなってしまいます。
汚れたままでは見栄えも良くないため、定期的な清掃が必要です。
さらに屋根部分が広い場合は、雪の重力でサンルームが壊れないよう、定期的に雪下ろしをしなければなりません。
とはいえ、屋根に乗っての作業は危険なため、掃除方法やメンテナンス方法については、あらかじめ業者に確認しておくようにしましょう。

サンルームには固定資産税がかかる

新築でも後付けでも、サンルームを設置した場合には、そのぶん固定資産税がかかります。
なぜなら、屋根や柱が存在しているサンルームは、家の一部とみなされるためです。
そのため、サンルームを付ける際は、設置にかかる費用だけでなく、毎年の固定資産税についても理解しておく必要があります。
なお、固定資産税の増税金額は約6帖程度のサンルームであれば、年間約1万5,000円〜2万円ほどです。

家の保証が受けられないことがある

サンルームを増設する際、ほとんどの場合、建物の外壁にビスやボルトをうつ必要があります。
そうなると、ハウスメーカーで建てた家の場合では、住宅の保証が受けられなくなってしまう可能性があります。
住宅の保証が受けられないとなると、不具合が出た際の修理費用は、すべて自分で負担しなければなりません。
サンルームを後付けする際は、あらかじめハウスメーカーに確認することがおすすめです。

紫外線対策はしっかりと

サンルームで過ごす際、意外と忘れがちなのが日焼け対策です。
サンルームで使用されるガラスやポリカーボネートは、紫外線をとおします。
そのため、長時間サンルームで過ごしていると、知らないうちに日焼けをしてしまう可能性があるのです。
子どもの遊び場として活用する場合にも、日焼けには注意が必要です。
日焼け止めを塗るなどして、紫外線対策を忘れないようにしましょう。

まとめ

今回は、マイホームにサンルームを設置する際の費用や注意点、サンルームの活用方法について解説しました。
サンルームは、ランドリースペースとして使用する以外にも、さまざまな活用法があります。
固定資産税の対象であることやメンテナンスが必要なことなど、注意点もしっかり理解したうえでサンルームをつけるかどうか検討しましょう。

\お気軽にご相談ください!/

弊社へのお問い合わせはこちら

≪ 前へ|一戸建て住宅のインナーバルコニーとは?設置する際のデメリットについて   記事一覧   土地の購入前に知っておきたい「日影規制」とは?北側斜線制限についても解説|次へ ≫

最新記事

おすすめ記事

カテゴリ

>>全ての記事を見る

XMLRSS2.0

  • お客様の声
  • スタッフ紹介
  • 内部ブログ
  • 周辺施設検索
  • お問い合わせ
  • アクセスマップ
  • 会社概要

    会社概要
    有限会社リアルプランナー
    • 〒485-0021
    • 愛知県小牧市大字二重堀993-11
    • 0120-411-505
    • TEL/0568-41-4555
    • FAX/0568-41-4556
    • 愛知県知事 (5) 第18182号
      建設業許可(般ー29)第55147号
  • QRコード
  • 更新物件情報

  • 不動産総合ポータルサイトいえらぶ参加中

トップへ戻る