小牧市の不動産なら|有限会社リアルプランナー > 有限会社リアルプランナーのスタッフブログ記事一覧 > 家の購入時には前倒しで住所変更が必要?知っておきたい理由などをご紹介

家の購入時には前倒しで住所変更が必要?知っておきたい理由などをご紹介

≪ 前へ|不動産売却の際にはぜひ知っておきたい!地区計画の概要とは?   記事一覧   空き家は「売る」「貸す」どちらを選ぶべき?メリット・デメリットをご紹介|次へ ≫

家の購入時には前倒しで住所変更が必要?知っておきたい理由などをご紹介

カテゴリ:なるほど知識

家の購入時には前倒しで住所変更が必要?知っておきたい理由などをご紹介

新居へと移る際に欠かせない住所変更の手続きは、通常は転居が終わってからするものですが、家を購入する際は通常よりも早く済ませておくのが通例です。
賃貸物件に入居するときなどとは対応が異なるため、その理由や仕組みをよく確認しておくと良いでしょう。
今回は、家の購入時には前倒しで住所を変えたほうが良い理由などをご紹介するので、ぜひご覧ください。

弊社へのお問い合わせはこちら

住宅ローンの契約前に購入する家へと住所変更をする理由や利点

まだ実際には自分が住んでいない住宅へと先に住所を移してしまうのは、そうしないと融資を受けられないことがあるからです。
住宅ローンの契約にあたり、購入予定の家へと先に住民票を移すことが求められやすく、借り入れ手続きの一環として実際によくおこなわれているのです。
金融機関から新住所での申し込みを求められるのは、借り入れ金の使い道と関係があります。
住宅ローンは自宅を買うときに使えるものであり、融資を受けた方が購入する住宅に住むことが前提です。
申し込みの段階で別の住まいに住民票があると、融資を受けた方が本当にその住宅に住むのか確信が持てません。
資金使途と合致することを確かめるため、申し込みの段階で先に住所を移すことが必要とされるのです。
先に住所を移すと、取得した住宅に入居したあとで登記簿の内容を変更する必要もなくなり、手間や費用も省けます。
以上のような理由や利点から、家を購入する際は前もって住所変更をするのが一般的なのです。

購入する家へと住所変更をしてから登記をしたほうが良い理由

家を購入したら所有権移転登記をおこない、新たな持ち主として自分の個人情報を登録します。
ここで届け出る所有者の住所には、やはり購入する家の所在地を使ったほうが良いです。
所有権移転登記をする時点での現住所でも手続きに支障はありませんが、その場合は購入した家に入居したら再び登記の手続きをしないといけません。
登記簿に載っている所有者の情報に変更が生じたら、あらためて手続きをして内容を更新する必要があるからです。
そうしないと所有者であることの証明が難しくなり、物件の使用や売却などに支障をきたしかねないのです。
購入する家の住所で最初から届け出をしておけば、取得した住宅に入居してすぐに登記しなおす手間が省けます。
なお、登記にも費用がかかり、とくに専門家に依頼すると出費がかさみやすいです。
節約のために自分で届け出をすることも不可能ではありませんが、手続きのスピードや確実性から専門家に頼らざるを得ないことも多いです。
手間や費用を省くため、所有権移転登記でもできるだけ新住所を使うと良いでしょう。

まとめ

家の購入時に住宅ローンを使う場合、資金使途と合致するかを確かめるため、金融機関から新住所での申し込みを求められます。
家を購入したあとの所有権移転登記でも新住所のほうが有利なので、可能なら先に住所を移しておくと良いでしょう。
私たちリアルプランナーは、ファミリー向けの物件を多数取り扱っております。
小牧市周辺の物件をお探しの際は、ぜひコンシェルジュにご相談ください。
弊社へのお問い合わせはこちらをクリック↓

弊社へのお問い合わせはこちら


≪ 前へ|不動産売却の際にはぜひ知っておきたい!地区計画の概要とは?   記事一覧   空き家は「売る」「貸す」どちらを選ぶべき?メリット・デメリットをご紹介|次へ ≫

最新記事

おすすめ記事

カテゴリ

>>全ての記事を見る

XMLRSS2.0

  • お客様の声
  • スタッフ紹介
  • 内部ブログ
  • 周辺施設検索
  • お問い合わせ
  • アクセスマップ
  • 会社概要

    会社概要
    有限会社リアルプランナー
    • 〒485-0021
    • 愛知県小牧市大字二重堀993-11
    • 0120-411-505
    • TEL/0568-41-4555
    • FAX/0568-41-4556
    • 愛知県知事 (5) 第18182号
      建設業許可(般ー29)第55147号
  • QRコード
  • 更新物件情報

  • 不動産総合ポータルサイトいえらぶ参加中

トップへ戻る