小牧市の不動産なら|有限会社リアルプランナー > 有限会社リアルプランナーのスタッフブログ記事一覧 > 水回りのリフォームにかかる時期と費用の相場について

水回りのリフォームにかかる時期と費用の相場について

≪ 前へ|抵当権とはなにか?住宅ローン残債があっても不動産を売却する方法   記事一覧   造成が必要な土地とは?不動産売却に与える影響も解説!|次へ ≫

水回りのリフォームにかかる時期と費用の相場について

水回りのリフォームにかかる時期と費用の相場について

使用頻度が高い水回りだからこそ、定期的に見直して良い状態を保つ必要があります。
とくに築年数10年以上の物件は、たとえ表面的に劣化や損傷が見えなくてもメンテナンスする必要があります。
そこで本記事では、水回りのリフォームについて情報を集めてみました。
ベストな時期や費用の相場、さらには注意点についてもご紹介していますので、ぜひ参考にしてみてください。

\お気軽にご相談ください!/

弊社へのお問い合わせはこちら

水回りをリフォームする時期について

水回りをリフォームする時期について

生活をするうえで欠かせない場所が「水回り」です。
使用頻度も高いので劣化しやすく、快適な生活を送るためには定期的に見直す必要があります。
そこでここでは、水回りのリフォームや時期についてご紹介します。

適切な時期は20年

一般的に、水回りのリフォームは10~20年といわれています。
10年を過ぎた頃から徐々に不具合が出やすくなり、20年以上経過するといよいよリフォームが必要になります。
もちろん物件によって異なるため20年経っても丈夫な場合もありますが、ほとんどは10年を過ぎると目に見えない劣化や損傷が出てきます。
そのため、定期的に見直して少しでも長持ちさせる工夫が大切です。
「あと少し大丈夫かも」ではなく、なるべくは10年目でリフォームをするようにしましょう。
丁寧に扱って入れば築年数が経っても安心安全に生活できます。

見た目だけでは判断できない

築年数10年では意外と見た目の劣化や損傷は分かりにくいといわれています。
そのため、気づかないままどんどん状態が悪くなるケースは少なくありません。
劣化や損傷は、そのままにしたりメンテナンスを先延ばしにしたりすると状態がどんどん悪くなり、リフォームのときにかかる費用が膨大になってしまう恐れがあります。
たとえ劣化していなくても「リフォームの時期」には見直すようにしましょう。
最近のシステムは節電や節水性が高いものが増えているため、リフォームをすることで節約にも繋がります。

水漏れはメンテナンスのサイン

水漏れは、ただちに修復するサインです。
先ほども述べたように劣化や損傷は10年目では分からないケースが多く、気づかないまま放置すると水漏れを起こしてしまう恐れがあります。
できれば水漏れが起こる前にメンテナンスもしくはリフォームする必要がありますが、先延ばしにしてしまった方は水漏れが分かった時点で水回りを新しく変えてあげましょう。

水回りのリフォームにかかる費用の相場とは

水回りのリフォームにかかる費用の相場とは

水回りのリフォームにかかる費用は、範囲や状態によって異なります。
またキッチン・お風呂場・洗面所・トイレなど場所によっても変わってきますので、事前に相場を知っておくと安心です。
ここではリフォームにかかる費用の相場について解説します。

キッチンの場合

キッチンは、他の場所よりも費用差が出やすいといわれています。
ハイグレードのものを選ぶと当然高くなり、オプションを付けても同様です。
費用の相場としては、だいたい50~150万円くらいで考えておくと良いでしょう。
一部のみリフォームする場合は、50万円以下で済ませることもできます。
キッチンそのものを変更する場合と、ガスコンロのみ、蛇口のみなど最小限ならそれほど費用はかかりません。
ただ築年数が10年を超えている物件は大々的にリフォームをしたほうが将来的にも安心でしょう。

お風呂場の場合

お風呂場は、すべて変更する場合100万円前後かかるといわれています。
ただキッチン同様、乾燥機や手すりを設置するだけなら50万円以下で完了します。
またバリアフリーも補助金が出る場合が多いので安心でしょう。
検討している方は、一度補助金制度について調べてみてください。

洗面所の場合

水回りの中で、もっとも費用を抑えられるのが洗面所です。
もちろんハイグレードのものを選ぶと高くなりますが、基本的な変更であれば20万円程度で十分でしょう。
場合によっては数万円でリフォームできる場合もあります。

トイレの場合

最後にトイレのリフォームについてです。
最新のシステムが搭載されたものにするか、便器をどのメーカー(もしくはグレード)にするかで大きく変わってきます。
一般的な費用相場は20万円台ですが、機能性を重視したい場合はもう少し高くなります。
意外にも、温水洗浄便座の設置やクロスの張替え程度でも数万円かかるといわれています。

知っておきたい水回りのリフォームをおこなうときの注意点

知っておきたい水回りのリフォームをおこなうときの注意点

水回りのリフォームをおこなううえで知っておきたい注意点についてご紹介します。
考えなしに変更してしまうと思わぬ出費になる可能性があるので、事前にしっかり確認しておきましょう。

工期を確認しておく

一部の変更であればすぐに工事が終わりますが、大規模なリフォームの場合、工期を確認しておかないと生活に支障が出てしまう恐れがあります。
また使えない時期の対策についてもしっかり考えておく必要があるでしょう。
とくに間取りを変更する場合は長引きやすいので要注意です。
ちなみにキッチンの工期は、交換のみだと約2日程度、大幅に変更する場合は2~3週間頬程かかります。
お風呂場は3~5日程度、大幅な変更は最低でも1週間はかかるといわれています。

実物を確認しておく

イメージだけでは工事後に失敗しやすく、非常に危険です。
必ず実物を確認したうえで納得のいく工事を依頼するようにしてください。
たとえばキッチンなら、デザインだけを見て変更してしまうと高さが合わず「作業しにくくなった」という意見が少なくありません。
最適な高さは「身長÷2+5cm」といわれていますが、実際に見て確認してから決めましょう。
またL型キッチンにする場合は、動線も意識する必要があります。
色合いもカタログとは異なるケースが多いので、細部までしっかり確認するようにしてください。

保証やアフターサービスを確認する

保証やアフターサービスの有無も重要です。
万が一変更後にトラブルが遭った場合、これらが付いていないとさらに工事代がかかってしまいます。
どうしても費用を見て判断しがちですが、安くても高くても保証やアフターサービスがきちんと付いている業者に依頼するようにしましょう。
サービスが多いほど、安心安全に依頼できる業者です。

まとめて依頼する

一般的に、水回りの不具合は同時期に発生することが多いといわれています。
そのため1ヶ所だけ変更するのではなく、たとえ問題がない場所でもなるべく同じタイミングで工事をするようにしましょう。
業者によってプランは異なりますが、まとめて依頼したほうが安くなるケースがほとんどです。
また劣化していない場所を変更することで損傷も防ぐことができるでしょう。

マンションの場合の注意点

マンションでもリフォームは可能です。
しかし戸建てとは違いさまざまな確認が必要になるため、安易に変更することはできません。
注意点は、以下になります。

●管理規約を確認する
●間取り変更は難しい
●IHにする場合は管理組合に確認
●NGな床材がある


こちらを必ず注視するようにしましょう。
必ず管理規約を確認し、管理組合に相談する必要があります。
床材はフローリングにできない物件もありますので気を付けましょう。
どうしても大幅に変更したい方は、リノベーション可能な物件を選ぶことをおすすめします。
それでも制限がある場合があるので、事前確認は必要です。

まとめ

いかがだったでしょうか?
生活に欠かせない水回りは、定期的なメンテナンスやリフォームが必要になることが分かりました。
とくに築年数が10年以上の物件は、先延ばしにせず思ったときにメンテナンスするようにしましょう。

\お気軽にご相談ください!/

弊社へのお問い合わせはこちら

≪ 前へ|抵当権とはなにか?住宅ローン残債があっても不動産を売却する方法   記事一覧   造成が必要な土地とは?不動産売却に与える影響も解説!|次へ ≫

最新記事

おすすめ記事

カテゴリ

>>全ての記事を見る

XMLRSS2.0

  • お客様の声
  • スタッフ紹介
  • 内部ブログ
  • 周辺施設検索
  • お問い合わせ
  • アクセスマップ
  • 会社概要

    会社概要
    有限会社リアルプランナー
    • 〒485-0021
    • 愛知県小牧市大字二重堀993-11
    • 0120-411-505
    • TEL/0568-41-4555
    • FAX/0568-41-4556
    • 愛知県知事 (5) 第18182号
      建設業許可(般ー29)第55147号
  • QRコード
  • 更新物件情報

  • 不動産総合ポータルサイトいえらぶ参加中

トップへ戻る