小牧市の不動産なら|有限会社リアルプランナー > 有限会社リアルプランナーのスタッフブログ記事一覧 > マイホームに欲しい設備!シューズクロークって必要なの?

マイホームに欲しい設備!シューズクロークって必要なの?

≪ 前へ|施工例   記事一覧   抵当権とはなにか?住宅ローン残債があっても不動産を売却する方法|次へ ≫

マイホームに欲しい設備!シューズクロークって必要なの?

カテゴリ:なるほど知識

マイホームに欲しい設備!シューズクロークって必要なの?

不動産購入という大きな買い物をするとき、あれもこれもと欲しい設備がたくさんありますよね。
念願のマイホームですから後から後悔したくないし、綺麗を維持したまま暮らしたいと誰もが思うのではないでしょうか?
この記事ではシューズクロークのメリット、デメリットを解説します。
マイホームにシューズクロークを設置しようかどうか検討されている方のヒントになればと思います。

弊社へのお問い合わせはこちら

シューズクロークって何?そのメリットをご紹介!

シューズクロークとは簡単にいうと玄関収納のこと。
下駄箱とは違い、靴以外のものを収納しておけるスペースで、玄関で靴を脱ぐ前に入ることができます。
おしゃれな言い方をしないと土足で入れる玄関に隣接している物置といったところでしょうか。
ウォークインタイプという出入り口が一つで収納力ばっちりのタイプとウォークスルーというそのまま家の中に入れるという動線が組まれているものがあります。
玄関先には靴以外のものがたくさんあるという方も少なくありません。
傘やアウトドア用品、お子さんがいる方はベビーカーなども置き場所にもなります。
玄関がゴチャゴチャしているとお客さんを招きにくいですが、シューズクロークがあることによってすっきりと片付けられるのがメリットと言えるでしょう。
賃貸物件ではなかなか叶わないシューズクローク。
マイホームだからこそ検討できる設備の一つではないでしょうか。

シューズクロークを設置するデメリットとは?

シューズクロークにももちろんデメリットはあります。
風通しの悪い設計になってしまうと湿気やにおいの原因になります。
また、レイアウトをきちんと考えてから利用しないと逆に使いづらいなんてことも。
頻度の高いものや取り出しやすさも考慮したうえで利用しなければなりません。
便利な設備なのであれもこれもと物を収納しているうちにただの物置と化してしまうこともあります。
快適に利用するためには定期的にシューズクローク内の整理整頓をしなければならないのもデメリットの一つでしょう。

まとめ

今回は、マイホームにシューズクロークがあるメリット・デメリットをご紹介しました。
必要な設備はよく検討したうえで備え付けたいですよね。
玄関をすっきりさせたい、家族が多く収納場所が欲しい、そういった方にはシューズクロークはおすすめです。
自分の生活スタイルや必要性も考えたうえで検討しましょう。
マイホームの設備に関することはぜひコンシェルジュまでご相談ください。
私たちリアルプランナーは、ファミリー向けの物件を多数取り扱っております。
小牧市周辺の物件をお探しの際は、ぜひコンシェルジュにご相談ください。
弊社へのお問い合わせはこちらをクリック↓

弊社へのお問い合わせはこちら


≪ 前へ|施工例   記事一覧   抵当権とはなにか?住宅ローン残債があっても不動産を売却する方法|次へ ≫

最新記事

おすすめ記事

カテゴリ

>>全ての記事を見る

XMLRSS2.0

  • お客様の声
  • スタッフ紹介
  • 内部ブログ
  • 周辺施設検索
  • お問い合わせ
  • アクセスマップ
  • 会社概要

    会社概要
    有限会社リアルプランナー
    • 〒485-0021
    • 愛知県小牧市大字二重堀993-11
    • 0120-411-505
    • TEL/0568-41-4555
    • FAX/0568-41-4556
    • 愛知県知事 (5) 第18182号
      建設業許可(般ー29)第55147号
  • QRコード
  • 更新物件情報

  • 不動産総合ポータルサイトいえらぶ参加中

トップへ戻る