小牧市の不動産なら|有限会社リアルプランナー > 有限会社リアルプランナーのスタッフブログ記事一覧 > LCCM住宅とは?購入時に利用できる補助金やメリット・デメリットをご紹介

LCCM住宅とは?購入時に利用できる補助金やメリット・デメリットをご紹介

≪ 前へ|不動産売却が長引く原因とは?長引かせないための対処法をご紹介   記事一覧   施工例|次へ ≫

LCCM住宅とは?購入時に利用できる補助金やメリット・デメリットをご紹介

LCCM住宅とは?購入時に利用できる補助金やメリット・デメリットをご紹介

エコ住宅として注目されている「LCCM住宅」をご存じでしょうか?
不動産の購入を検討している方のなかには聞いたことはあるけれど、くわしく知らないという方も多いでしょう。
そこで今回は、国も推進しているLCCM住宅のメリットとデメリット、また購入時に利用できる補助金の条件について解説します。
注文住宅の購入を考えている方は、ぜひ参考にしてください。

\お気軽にご相談ください!/

弊社へのお問い合わせはこちら

LCCM住宅購入時に補助金が出る条件とは?

LCCM住宅購入時に補助金が出る条件とは?

LCCM住宅という言葉は、あまり聞き馴染みがない方が多いのではないでしょうか?
LCCM住宅は、環境に優しく国からも推進されているエコ住宅で、国からの補助金制度もあります。
ぜひ利用したい補助金制度の条件について、またLCCM住宅とはどのような住宅なのかくわしく解説します。

LCCM住宅とは?

LCCM住宅とは、ライフ・サイクル・カーボン・マイナス住宅のことです。
同じくエコ住宅として知られるZEH住宅(ネット・ゼロ・エネルギー・ハウス)は、CO2排出量をゼロにする住宅です。
高効率な設備システムを導入することによって、室内環境の質は維持しながら実現させています。
一方で、LCCM住宅はCO2排出量をマイナスにする住宅です。
建設時や廃棄時にできるだけCO2排出を抑え、さらに再生可能エネルギーをつくり出すことによってCO2排出量マイナスを実現させています。
ZEH住宅は居住中のCO2削減を主眼としますが、LCCM住宅は家に住んでいる間だけではなく、建設から運用・廃棄まで含めてCO2排出量をマイナスにするのです。
LCCM住宅の対象となるのは、新築の一戸建て専用住宅(新築とは竣工後3年以内のもの)です。
審査はIBEC内の認定委員会にておこない、認定基準は以下のいずれかになります。

●CASBEEの戸建評価認証制度に基づき認証された環境効率ランクがSまたはAであり、かつライフサイクルCO2(温暖化影響チャート)ランクが5つ星である住宅
●国がおこなうサステナブル建築物等先導事業(省CO2先導型)LCCM住宅部門において、補助金の交付を受けた住宅


CASBEE(キャスビー)とは、建築環境総合性能評価システムのことです。

補助金制度の条件とは?

LCCM住宅は、サステナブル建築物等先導事業(省CO2先導型)にて補助金制度を設けています。
この事業にて、一定の条件を満たして補助金を受けることで、LCCM住宅の認定を得ることができるのです。
補助金を受けるための条件は以下になります。

●ライフサイクルCO2を算定し、結果がゼロ以下になるもの
●ZEHの条件をすべて満たしたもの
●住宅として品質が確保されたもの(CASBEE B+ランク以上または同等の性能)


ZEH住宅の条件は以下になります。

●一次エネルギー消費性能:太陽光を除く一次エネルギー消費量が省エネ基準の-20%
●外皮性能:強化外皮基準、UA値の基準を満たしている
●創エネ性能:太陽光発電等によりゼロエネルギーとなる


補助金額は、一般住宅の購入と比べてLCCM住宅を購入することで必要になった費用の増加分の1/2になります。
補助金には上限もあり、一戸あたり125万円となります。

LCCM住宅を購入するメリットは?

LCCM住宅を購入するメリットは?

国からも推進されているLCCM住宅のメリットとはどのようなものでしょうか?
次は、LCCM住宅購入のメリットについて解説します。

断熱性が高い

LCCM住宅に使用している材料は、断熱性や気密性が高いものです。
そのため少ないエネルギーで、夏は涼しくなり冬は暖かく過ごすことができます。
また、室内の温度を保ってくれることで、冬場に起こり得るヒートショックを防ぐことができるでしょう。

光熱費が安い

断熱性が高いおかげで室内の温度を保ってくれるため、冷暖房の消費エネルギーや使用頻度が少なくなります。
その結果、一般住宅よりも光熱費が安くなるのです。
また、一般住宅でも太陽光発電が付いている住宅では、電気代を抑えて余った電気を売電することで収入を得ることができます。
LCCM住宅であれば消費エネルギーが少ないので、太陽光発電での売電量は一般住宅よりも多くなるでしょう。
そのほかにも、LCCM住宅はLED電球や高効率給湯器などの省エネ設備を設置しているため、電気代やガス代が節約できます。

環境に優しい

LCCM住宅は、建設から運用・廃棄までを含めてできるだけCO2排出を抑え、さらに再生可能エネルギーをつくり出すことによってCO2排出をマイナスにします。
そのため、環境に優しくSDGsの観点からも欠かせない住宅なのです。

医療費を削減できる可能性がある

LCCM住宅は、断熱性が高いため快適な環境で過ごすことが可能です。
室温差も減らすことができて体への負担やストレスなどが少なくなることで、病気にかかりにくくなるといわれています。
国土交通省の調査で、室温18度以下で生活する方は室温18度以上で生活する方と比較すると、以下のような傾向があることがわかりました。

●総コレステロールが約2.6倍
●心電図異常所見ありが約1.9倍
●ヒートショックリスクが約1.8倍


このように住まいの環境によって病気の可能性も高まります。
快適な環境のLCCM住宅では病気になる確率も低くなるため医療費を削減できる可能性があるでしょう。

LCCM住宅を購入するデメリットは?

LCCM住宅を購入するデメリットは?

LCCM住宅を購入することで、光熱費を削減でき環境にも優しいなどの嬉しいメリットがありましたが、デメリットもあります。
最後に、LCCM住宅購入のデメリットについて解説します。
スムーズな不動産購入をおこなうために、デメリットもしっかり把握しておきましょう。

初期費用が高い

LCCM住宅は、CO2削減のために以下のような建築資材や省エネの住宅設備を導入しています。

●太陽光発電
●家庭用蓄電池
●高性能断熱材
●断熱性の高い窓サッシ
●高効率な住宅設備


このような設備はいずれも高額になるため、購入時の初期費用を抑えたい方にとってはデメリットになるでしょう。

屋根や間取りの形が限られる

LCCM住宅は、太陽光発電量を多くすることで光熱費を抑えることが可能になります。
そのため、広い面積に太陽光パネルを設置しようとすると屋根の形が限られることになり、それにより間取りも制限されることになります。

LCCM住宅に対応した建築会社が少ない

LCCM住宅が商品化されるようになったのはここ数年の間なので、対応できる建築会社が少ない傾向にあります。
LCCM住宅購入を検討しているのに、近くに対応している建築会社がないために断念せざるを得ない、または別の地域の建築会社に依頼しなければいけない可能性もあります。
そのため、LCCM住宅購入を検討する場合は、まず対応してくれる建築会社を探す必要があるでしょう。

まとめ

環境に優しい住宅として注目されているLCCM住宅は、光熱費を抑えることができ、体にも優しいことで病気になる確率も低くなります。
このようなメリットがあるLCCM住宅ですが、初期費用が高く対応してくれる建設会社が少ないなどのデメリットもあります。
メリット・デメリット・補助金の条件などをしっかり把握して、総合的に判断することが重要でしょう。
CO2の収支をマイナスにするLCCM住宅は環境にも健康にも優しく、さらに家計にも優しい住宅なので、注文住宅の購入を考えている方はLCCM住宅を検討してみてはいかがでしょうか。

\お気軽にご相談ください!/

弊社へのお問い合わせはこちら

≪ 前へ|不動産売却が長引く原因とは?長引かせないための対処法をご紹介   記事一覧   施工例|次へ ≫

最新記事

おすすめ記事

カテゴリ

>>全ての記事を見る

XMLRSS2.0

  • お客様の声
  • スタッフ紹介
  • 内部ブログ
  • 周辺施設検索
  • お問い合わせ
  • アクセスマップ
  • 会社概要

    会社概要
    有限会社リアルプランナー
    • 〒485-0021
    • 愛知県小牧市大字二重堀993-11
    • 0120-411-505
    • TEL/0568-41-4555
    • FAX/0568-41-4556
    • 愛知県知事 (5) 第18182号
      建設業許可(般ー29)第55147号
  • QRコード
  • 更新物件情報

  • 不動産総合ポータルサイトいえらぶ参加中

トップへ戻る