小牧市の不動産なら|有限会社リアルプランナー > 有限会社リアルプランナーのスタッフブログ記事一覧 > 不動産売却が長引く原因とは?長引かせないための対処法をご紹介

不動産売却が長引く原因とは?長引かせないための対処法をご紹介

≪ 前へ|建物構造に鉄筋コンクリートを選ぶメリット・デメリットとは?   記事一覧   LCCM住宅とは?購入時に利用できる補助金やメリット・デメリットをご紹介|次へ ≫

不動産売却が長引く原因とは?長引かせないための対処法をご紹介

不動産売却が長引く原因とは?長引かせないための対処法をご紹介

不動産売却をしたいと考えたとき、できるだけ早く売却したいと思う方は多いでしょう。
しかし、不動産売却が長引くことは珍しくありません。
不動産売却が長引く原因は何なのでしょうか。
この記事では、不動産売却での一般的な期間や売却が長引く原因、またその対処法について解説します。
不動産売却がなかなか上手くいかず長引いている方は、ぜひ参考にしてスムーズな不動産売却をおこないましょう。

\お気軽にご相談ください!/

弊社へのお問い合わせはこちら

不動産売却が長引くのはなぜ?売却にかかる期間について

不動産売却が長引くのはなぜ?売却にかかる期間について

不動産売却をする際には、できるだけ早く高く売りたいと思う方は少なくないでしょう。
では、一般的に不動産売却にかかる期間はどれくらいなのでしょうか?
不動産売却にかかる一般的な期間の目安や流れについて解説します。

不動産売却にかかる期間の目安

不動産売却をしたいと考えてから売却が完了するまでには、一般的に3~6か月ほどかかります。
この期間はあくまでも目安なので物件の条件や立地などによって異なり、目安より購入希望者が早く見つかる場合もあれば、なかなか見つからない場合もあるでしょう。
不動産売却をしたいと思ったら、まずは不動産会社に査定を依頼し媒介契約を結びます。
そして、売却活動をおこない、購入希望者が見つかれば価格交渉ののち売買契約を結び、手付金を支払ってもらって引き渡しをすれば完了です。
不動産売却はこのような流れでおこなわれ、それぞれにかかる期間は以下になります。

不動産売却の流れ

不動産売却は、査定・媒介契約・売却活動ののちに買い手を見つけ、価格交渉・売買契約・手付金の受領をおこない引き渡しとなります。
それぞれの流れごとにかかる期間の目安は以下になります。

●査定から媒介契約を結ぶまで:約2週間~1か月
●売却活動開始から売買契約を結ぶまで:約1か月~3か月
●手付金を受領してから引き渡しまで:約1か月~2か月


まずは、不動産会社に査定を依頼し、媒介契約を結びます。
その後、インターネットや広告などで売却活動をおこないます。
この売却活動で購入希望者がすぐに見つかれば良いですが、なかなか見つからない場合もあるので、この期間は1か月~3か月ほどかかると考えておきましょう。
また、すぐに見つかった場合でも価格交渉もおこなわれるので、最低でも1か月ほどはみておくことが必要です。
買主が決まれば、売買契約を結んだのち手付金の受領、そして引き渡しとなりますが、引き渡し前に買主の住宅ローン審査に2週間~1か月ほどかかる場合があります。
また、一般的には売買契約から引き渡しまでは1か月ほど期間を空けることがほとんどです。
そのため、売買契約から引き渡しまでは1か月~2か月ほどみておくと良いでしょう。
このように不動産売却が完了するまでの手続きだけでも数か月かかり、さらに買い手が見つからないとなると、もっと時間がかかってしまいます。
そのため、できるだけ早く売却したいと思った場合は、早めの行動をおこし信頼できる不動産会社を見つけることが重要です。

不動産売却が長引くのはなぜ?原因について

不動産売却が長引くのはなぜ?原因について

不動産売却の際、なかなか購入希望者が見つからない場合は売却期間が長引くことになってしまいます。
しかし、長引くことで築年数が経過し売却しにくくなるので、できる限り早めに売却したいと思う方は多いでしょう。
売却が長引く理由には、物件の条件ももちろんありますが、本来なら売れるはずの物件でも長引く原因がいくつかあります。
不動産売却が長引く原因は以下のようなことがあります。

原因①価格が適切ではない

不動産売却をおこなう際に重要なのは、販売価格です。
設定している販売価格が、相場よりも高い価格だとなかなか買い手が見つからず、長引く原因になってしまいます。
そのため、物件の条件や相場を把握して、適切な価格を決めるようにしましょう。
物件の条件は、築年数・広さ・立地などを総合的に判断することが大切です。

原因②タイミングが悪い

不動産売却には、売れやすい時期と売れにくい時期があります。
就職や新学期が始まことにより一人暮らしをする方が増える春と、人事異動により転勤をする方が増える秋は、物件が売れやすい時期といえます。
一方で、夏と冬は、春と秋の時期に比べると物件が売れにくい時期なのです。
このような売却しやすい時期を把握しておらず、タイミングが悪い時期に売却活動をおこなっている場合は、売却が長引く原因となってしまうのです。
しかし、売れやすい時期は地域によって異なるので、地域の不動産会社に確認する必要があるでしょう。

原因③不動産会社の問題

不動産売却をする際には、不動産会社と契約を結び売却活動をおこなってもらうことになります。
不動産会社によって、売却活動の範囲や方法、得意な物件やエリアなどが異なります。
そのため、物件に合った不動産会社を選ばなかった場合は、なかなか買い手が見つからず売却が長引く原因となってしまうでしょう。
また、不動産会社の販売力によっては価格交渉がうまくいかない、契約に繋がらないなどの問題が起こるケースもあります。

不動産売却が長引くのはなぜ?対処法について

不動産売却が長引くのはなぜ?対処法について

不動産売却が長引くのには、さまざまな原因があります。
早く売却し長引かないようにするためは、対処法をしっかり把握しておくことが重要です。
不動産売却を長引かせないための対処法は以下のようなものがあります。

対処法①販売価格を見直す

販売価格が物件の条件に対して適正でない場合は、買い手が見つかりにくく売却が長引く原因になってしまいます。
その場合は、販売価格を下げることで売れやすくなるでしょう。
また、なかなか売れず築年数が経ってしまうと、その分物件の価値が下がることで販売価格も下がってしまいます。
そのため、適正価格であった場合でも、売れ残ってしまう可能性がある場合は早めに価格を下げるのも検討すると良いでしょう。

対処法②掃除や整理整頓をする

不動産を売却する際、購入希望者が見つかれば内覧をおこないます。
内覧をおこなう際に、部屋が散らかっていて汚いと悪印象を持たれ、そのほかの条件が良い場合でも売却が成功しない可能性があります。
そのようなことにならないために、しっかり部屋の掃除や整理整頓をしておくことが大切です。
内覧希望者はたくさんいるのに売却が成功しないという方は、一度掃除や整理整頓を徹底してみましょう。
そうすることで、好印象を持ってもらえ売却に繋がるかもしれません。

対処法③買取をしてもらう

不動産を売却する際、不動産会社が仲介に入り買い手を見つける「仲介」が一般的ですが、不動産会社に直接買い取ってもらう「買取」という方法もあります。
買取であれば、買主が不動産会社になるため買い手を探す必要がなく、お互いが条件に納得すればすぐに売却することが可能です。
ただし、買取の場合は仲介の場合よりも売却価格が安くなるというデメリットがあります。
そのため、売却金額よりも早期売却を優先したい場合には検討してみても良いでしょう。

まとめ

不動産売却をする際には、できる限り早く高く売りたいと考える方は多いでしょう。
売却までの期間が長引いてしまうと、築年数の経過などから売却しにくくなったり、価格が下がってしまったりする可能性があります。
そうならないためには、原因や対処法をしっかり把握しておくことが大切です。
不動産売却を検討している方は、参考にして対処法を実践し、スムーズな売却をおこないましょう。

\お気軽にご相談ください!/

弊社へのお問い合わせはこちら

≪ 前へ|建物構造に鉄筋コンクリートを選ぶメリット・デメリットとは?   記事一覧   LCCM住宅とは?購入時に利用できる補助金やメリット・デメリットをご紹介|次へ ≫

最新記事

おすすめ記事

カテゴリ

>>全ての記事を見る

XMLRSS2.0

  • お客様の声
  • スタッフ紹介
  • 内部ブログ
  • 周辺施設検索
  • お問い合わせ
  • アクセスマップ
  • 会社概要

    会社概要
    有限会社リアルプランナー
    • 〒485-0021
    • 愛知県小牧市大字二重堀993-11
    • 0120-411-505
    • TEL/0568-41-4555
    • FAX/0568-41-4556
    • 愛知県知事 (5) 第18182号
      建設業許可(般ー29)第55147号
  • QRコード
  • 更新物件情報

  • 不動産総合ポータルサイトいえらぶ参加中

トップへ戻る