小牧市の不動産なら|有限会社リアルプランナー > 有限会社リアルプランナーのスタッフブログ記事一覧 > 愛知県小牧市はどんなところ? 小牧山の歴史や散策コースをご紹介!

愛知県小牧市はどんなところ? 小牧山の歴史や散策コースをご紹介!

≪ 前へ|建築条件付き土地を購入するメリット・デメリットについてご紹介   記事一覧   小牧市で暮らすなら知っておきたい!小牧駅周辺の施設や治安状況をご紹介|次へ ≫

愛知県小牧市はどんなところ? 小牧山の歴史や散策コースをご紹介!

カテゴリ:小牧市について

愛知県小牧市はどんなところ? 小牧山の歴史や散策コースをご紹介!

名古屋市の北方約15kmにある濃尾平野の中心に位置している小牧市は、シンボルの小牧山も人気な場所です。
名神高速道路や東名高速道路、中央自動車道といった3大ハイウェイが通る結節点としての立地の高さもあります。
古い歴史も根付いている小牧市の魅力などをご紹介していきます。

\お気軽にご相談ください!/

弊社へのお問い合わせはこちら

小牧市に伝わる歴史とは?小牧市について知ってみよう!

小牧市に伝わる歴史とは?小牧市について知ってみよう!

3大ハイウェイ結節点という立地条件に恵まれている小牧市は、観光にも来やすい場所にもなっています。
交通網が整備されていることで内陸工業都市へ発展しており、積極的な物流拠点や航空産業など、多くの企業が進出している市として賑わっています。
とくに小牧市のシンボルとして知られている小牧山は、歴史ある山としても知られています。
戦国時代の三英傑の一人としても知られている織田信長が初めて築城したのが小牧山城で、そこを居城とした歴史があります。
桶狭間の戦いで今川義元を破った織田信長は、京へ上洛するための通過地点となっている美濃国を併合するために動き、小牧山に拠点を作ることにしたのです。
美濃国を攻略するために造られたとされる小牧山城は、当時の高い築城技術によって建てられたものだということが明らかになっており、近世城郭の始祖とも称されています。
本能寺の変によって天下の情勢がまた目まぐるしく変わっていった後、豊臣秀吉陣営と、織田信雄と徳川家康陣営によって小牧・長久手の戦いが小牧山で展開されました。
この合戦を機にして全国各地へと動乱が波及され、歴史に名が残る戦いとなり、小牧・長久手の戦いの舞台となった場所は史跡指定も受けて観光や散策を楽しめる場所となっています。

おすすめ物件情報|小牧市の物件一覧

小牧市歴史館やれきしるこまきの利用情報や見どころとは?

小牧市歴史館やれきしるこまきの利用情報や見どころとは?

小牧市や小牧山の歴史についてもっと深く知っていきたいという方におすすめなのが、小牧市歴史館やれきしるこまきです。
どちらも小牧市の歴史を知るだけでなく、展示会や講演会などの体験もできる場所となっています。
小牧市歴史館は、名古屋市の実業家である平松茂氏が私財を投じて建設された建物で、その後小牧市に寄贈されました。
小牧山の山頂に建設された小牧市歴史館には4階に展望室が作られており、小牧山からの景色を一望することもできます。
小牧市歴史館の入場料は大人一人100円、30人以上の団体客になると一人60円になります。
中学生以下は無料となっています。
小牧山城や小牧山城下町でおこなわれた発掘調査によって発見された遺物の展示をおこなっている他にも、発掘調査による成果などの解説パネルや模型が展示されています。
無料エリアにはフォトスポットも用意されており、織田信長や豊臣秀吉、徳川家康の気分を味わうことのできる場所で撮影も可能です。
旧石器時代から近代産業までの出土品などもご紹介されており、時代を順に見ていきながら小牧の歴史を学ぶこともできる場が揃っています。
また、小牧・長久手の戦いを立体的なパノラマにしているコーナーも用意されており、そこでは合戦の経緯などを音声と映像によって解説してくれます。
4階に設けられている展望室では外回廊も取り付けられているため、小牧山周辺の景色を一望して景観を楽しむこともできます。
小牧山の麓にあるれきしるこまきは、小牧山のガイダンス施設として開設されています。
施設入り口正面では小牧山の士気や動植物などが紹介されている他、れきしるこまきには城郭シアターも用意されており、壁面と床面を利用した映像を表現によって三英傑の紹介を見ることができます。
常設されている展示室では信長公記から読み取ることができる小牧山城築城のドラマを見られるため、歴史をより深く知れるご紹介されています。
小牧山の山頂で発見された石垣を実物サイズで再現したレプリカも置かれており、プロジェクションマッピングを投影することによって、石垣の当時の姿などを見て、過去の情景を間近で体験できます。
石垣を作る体験もできる小牧山プレイベースでは、石を運んで積み上げるというものがどういった経緯でできるのかを、実際に自分でおこないながら学ぶことができます。
子ども楽しく歴史について学んでいける場所が揃っているため、遊び場としても足を運ぶこともできる場所です。

おすすめ物件情報|小牧市の物件一覧

小牧山のおすすめの散策コースは?好みの道で歴史と自然を満喫

小牧山のおすすめの散策コースは?好みの道で歴史と自然を満喫

史跡小牧山は、森の中に散策コースも用意されているため、自分の好きな道を選んで散策が可能となっています。
散策コースは全部で三種類あり、観光として歩くのはもちろんながら、自然を堪能しながら散策をすることもできます。
小牧山城の正面ルートとなる大手道コースでは、織田信長が歩んだ軌跡を辿って小牧山を見ていくことのできる歴史ロマンに溢れた道です。
土を盛られて築かれた土塁は小牧・長久手の戦いでも使用されており、当時戦いの場だった所をとおりながら小牧山の山頂を目指していけます。
尾張藩九代藩主として知られる徳川宗睦源明公の墓碑もコースの途中で見ることができます。
もともとは名古屋市の建中寺にあった墓碑ですが、徳川源明公は小牧に代官所を設けた歴史もあることから、小牧山に移転してこの地に安置されました。
自然を楽しみながらウォーキングコースとしても歩ける場所を選びたい方は 自然満喫コースがおすすめです。
こちらのコースでは小牧山稲荷神社や、石垣用の石が採集された採石場もあります。
小牧山稲荷神社には、小牧市が誇る最大のイベントである小牧市民まつりのマスコットにもなった吉五郎という狐の伝説が伝わっています。
尾張一円をおさめたキツネの大親分である吉五郎は、役人の姿に化けて狐取りの名人を脅したり、子狐を助けた農家にお礼をしたりという伝説を残しています。
他にも、狩人が小牧山で子どもを宿した鹿を仕留めた時、鹿が観音像と化し、それを悔いた狩人が観音様を祀ったとされている観音洞もコースの途中にあります。
自然満喫コースは小牧山にある四季を堪能しながら、歴史や伝承なども一緒に感じつつウォーキングの楽しめる道です。
最後に、城の裏口側である搦手から登っていける搦手道コースは、五段坂とも呼ばれているジグザグした坂道を進むことができる特徴的なコースとなっています。
城の中と外を繋ぐための出入り口として使われる虎口は小牧・長久手の戦い当時には山麓に5か所、中腹に3か所設置されていました。
この虎口を通ってコースを歩いた先に、曲輪と呼ばれる場所があり、穏やかな道を歩きながら緑に溢れた景色を楽しむことができます。
徳川家康が行った改修によって築かれている土塁の断面も観察できる土塁断面展示施設もあるため、展示物も見ながら散策をしたい方にもおすすめのコースです。
土塁や虎口によって防御に長けた城になるよう小牧山を利用した徳川家康の考えを見て体感することもでき、当時の戦いの戦況を想像しながら散策することができます。

おすすめ物件情報|小牧市の物件一覧

まとめ

戦国時代の三英傑にも関係する場所として知られている小牧山では、貴重な史跡を見て回ることができます。
現在も発掘調査がおこなわれている小牧山城について知ることができるだけでなく、緑豊かな自然を堪能することができる散策コースも魅力とされています。
四季によって姿を変える山の風景を楽しむこともできるので、歴史だけでなく自然を感じて穏やかな空気の中で散歩ができます。
小牧市には、国内外からの観光客が訪れる観光スポットはもちろんながら、足を運びやすい場所に歴史を感じられる場所や、自然を傍に感じることができるスポットが揃っています。

\お気軽にご相談ください!/

弊社へのお問い合わせはこちら

≪ 前へ|建築条件付き土地を購入するメリット・デメリットについてご紹介   記事一覧   小牧市で暮らすなら知っておきたい!小牧駅周辺の施設や治安状況をご紹介|次へ ≫

最新記事

おすすめ記事

カテゴリ

>>全ての記事を見る

XMLRSS2.0

  • お客様の声
  • スタッフ紹介
  • 内部ブログ
  • 周辺施設検索
  • お問い合わせ
  • アクセスマップ
  • 会社概要

    会社概要
    有限会社リアルプランナー
    • 〒485-0021
    • 愛知県小牧市大字二重堀993-11
    • 0120-411-505
    • TEL/0568-41-4555
    • FAX/0568-41-4556
    • 愛知県知事 (5) 第18182号
      建設業許可(般ー29)第55147号
  • QRコード
  • 更新物件情報

  • 不動産総合ポータルサイトいえらぶ参加中

トップへ戻る